teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


10/14(土)えぼし観望会

 投稿者:いかわ  投稿日:2017年10月16日(月)00時02分38秒
返信・引用
  お天気:曇り 参加者:6名 スタッフ:近藤 伊川

仙台出発時の東の空は雲がありながらも青空が顔を出し、今夜は良さそうと思いつつ到着。えぼしの空は雲だらけで薄っすら霧も出ている状態。それでも参加者がいらっしゃるということで、ゴンドラで上へ向かいました。石子ゲレンデに着くと雲だらけながらも薄い所がある状態でした。

とりあえず望遠鏡をセッティングし、近藤さん「秋の星空」説明後外に出て仙台方面KoBOパーク宮城の観覧車などの夜景を見て頂きました。

そうしていると真上辺りにちらほら星が見え始め、アルビレオ・ベガ・スバルを見ることが出来ました。
おまけに流れ星1個も見ることが出来たので参加者の方には満足して頂けたと思います。
 
 

10/15(日)えぼしは中止

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月15日(日)21時52分56秒
返信・引用
  天候が悪く、参加申込者も無かったことから残念ながら中止となりました。

14日(土)はどうだったのでしょうか?
 

10/13(金)白石・深谷小子供会

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月13日(金)22時43分35秒
返信・引用 編集済
  参加者:52名(児童24+府警19+先生9) 18:30~20:00 スタッフ:西口・大石・永井

開始時刻は雲だらけで星見えず。 子供会々長、うちゅうせんの挨拶の後、今月の星空説明(大石) スクリーンは体育館の大きい白い壁で、大きい画面は迫力満点でした。

外の具合を見ながら望遠鏡のセットをしていたら、夏の大三角と西空の雲の合間に土星が見えましたので、話している大石さんに向かってブレークしました。 土星だけでも見て貰おうと全員に外へ出て貰ったんですが・・・ 土星は雲に隠れてしまったのでした。

仕方ないので望遠鏡で遠くの明かりを見て貰いながら、レーザービームで見え隠れする夏の大三角を説明しました。 大石さんはアルビレオを見て貰ったそうです。 明かりを見るのに飽きた子が、望遠鏡を操作しベガを見ていましたが中々大したものでは有りませんか。

どんどん雲が多くなって来たのを見計らって、再び室内へ入って貰い、今月の星空の続き・その後「鎖につながれたお姫様」は西口さんに。 私の話をした後はご父兄も巻き込んでの「星座ビンゴ」で盛り上がりました。 ビンゴの商品は天体写真で10名に・ 終了後の参加賞も天体写真でしたが、思いのほか好評でした。

最後の質問コーナーでも質問が4人から出てこれまた盛り上がりました。 終了後は子供達が全員起立し、代表者の号令で大きい声での「有難うございました」が有りました。

終了時刻が予定より若干遅れましたが、おおむねご満足頂けたのでは・と思っています。

到着直後、入り口をチョット間違えた勢で、車の右前輪を側溝に落とすというハプニング。 最初にお出でになったお母様が目撃されており、知り合いのJAF(の下請けをされている方)を呼んで貰い、開始前に解決。 暗闇には気を付けなければ・・・・・
 

10/9(月)のえぼし

 投稿者:こうさく  投稿日:2017年10月10日(火)09時07分42秒
返信・引用
  参加者:19名 スタッフ:大石さん 中村
仙台出発時は多少晴れ間も見えていましたが、えぼしに着くと曇り。ゴンドラで上に行っても星は見えません。
参加者がそろってから、大石さんの「10月の星座案内」で始まり、外は晴れそうもなく時間がとれたのでので、追加として中村のUSBから「流星群」の解説ビデオを見てもらいました。解説が終わり、外は晴れそうもないので一部の人にはベランダから夜景を見てもらいました。このころには外は小雨が降ってきました。終わりに各自おみやげの写真を選んで持っていってもらい。下山しました。
 

10/8(日)えぼし観望会 

 投稿者:シリウスママ  投稿日:2017年10月 9日(月)18時30分31秒
返信・引用
  参加者:130人越え(写真撮影:船長) スタッフ:西口,近藤,蔵王町ございんホールから合流の永井船長

午後から広がってきた雲がだんだん濃くなってきてゴンドラで上を目指すときは窓の外は徐々に白くかすみ・・・「厳しいかなぁ」「まぁ,月はいけるんじゃない?」
なんて会話をかわしていました。ところが!
「わお!雲抜けしてる!!」

ホールに参加者がそろうだけでも30分近くかかってしまうので,開始前から写真を選んでいただきました。
挨拶の後はすぐ外に出ていただき,月が昇る前に星空を堪能していただきました。
目をこらすとうすく天の川,流れ星・数個(りゅう座流星群?),望遠鏡ではアルビレオ等,やがて月が出てその後は月に文句を言いつつ「まぶしいねぇ」と月を観ていただきました。

実は,個人的には月光に照らし出された『雲海』が圧巻でした。えぼし観望会で夜の雲海を観たのは初めてでした。そんな話も交えながら130人余のお客さまにも笑顔で下山していただきました。みなさま,お疲れ様でした。
 

10/7(土) えぼし観望会

 投稿者:いかわ  投稿日:2017年10月 8日(日)22時49分45秒
返信・引用
   事前連絡では参加者63名という事でしたが、小雨・濃霧の為次々とキャンセルとなりました。この天気では参加者なしで中止かな?

 何とその時永井さん率いる蔵王町ございんホールで行われている、加川広重さん「星を巡る、絵画への旅」の参加者4名がマイクロバスで到着。その内のおひとりは山形から広重さんの絵を見に来られたと言うことでした。そして、富谷市からいらした1組のカップル 合計6名で空中さんぽ実施となりました。

 あいさつ後「秋の星空」「くさりでつながれたおひめさま」「ほしのせんにん」永井さんのお話しなどを聞いて頂いていると諦めていた月が雲の切れ間から見えるということで、望遠鏡1台と双眼鏡で立待月を見て頂きました。
帰り道のすずらん峠は濃霧でかなり視界が悪く怖い思いをしながら車を走らせました。
永井さん、西口さんお疲れ様でした。

 

10/1えぼし観望会

 投稿者:大石  投稿日:2017年10月 2日(月)20時05分35秒
返信・引用
   10月1日(日)参加者 7名(小学生1名)スタッフ 近藤 大石
 金曜日には参加者0人のメールが届きましたが,1日には7名参加とのメールでえぼしに向かいました。
 到着時には、おぼろ月,星はほとんど見られない状態でした。参加者に星はほとんど見られないことを確認してもらい、判断を委ねました。その後、ゴンドラに乗車することになり,急遽石子に向かい観望会の準備に取り掛かりました。
 入る前に、月を望遠鏡で見てもらいました。結構クレーターがクリアに見えてよかった!
 室内では、秋の星の説明を行い、また外に出てもらいました。かろうじて夏の大三角がみえ、説明。カシオペアから北極星(かすんで見えていましたが強制的に、(笑))を見てもらいました。近藤さんがアルビレオを望遠鏡に入れ、きれいな二重星を見てもらって、室内に戻りました。室内で星座物語「鎖につながれたおひめさま」を鑑賞してもらい、秋の星座に親しんでもらい、ほぼ時間になりました。
 星の好きな方の皆さんでした。親子3人で参加した方々は、仙台の天守閣でも星を見せてもらったとお話ししていました。是非、条件の良いときにまた参加していただきたいです。
 スタッフの皆さん、遅くまでご苦労様でした。
 

9/30(土)えぼし観望会

 投稿者:なべ  投稿日:2017年 9月30日(土)23時41分14秒
返信・引用
   秋分を過ぎ、えぼしに向かう途中で日没を迎え真っ暗になってから、観望会が始まる時期(中秋)となりました。
 えぼしリゾートに着いたところ雨上がりで、西側の蔵王山は黒い雲に覆われちょっと不安になりました。参加された8名は仙台市等の日帰りの方でした。これ以上天気が悪くなってはと心配し、先に望遠鏡で月齢10の月を見ていただくことにしました。時間が経つにつれ雲が無くなり晴れ上がりました。空を見上げている中、突然ロープウェイの灯りが消えた瞬間、一斉に星が広がり歓声が沸きました。その後、星の説明、人工衛星も見え、望遠鏡でアンドロメダ星雲を見てもらってから室内に入りました。
 プロジェクターで秋の星空、星座物語「鎖につながれたお姫様」を説明しながら外で冷えた体を温める時間をとりました。
 再度外に出てもらうと雲一つない好天で、思い思いにシートに横たわって星を見たり、仙台市方面の夜景を楽しんでいただきました。望遠鏡ではアルビレオの色の違いがはっきり分かり、とても良い環境で観望できました。
 気温が低いため、また中に入っていただき十五夜が近いので月のスライドを見てもらい、挨拶を
して20時20分に終了し下山しました。
 最初心配していただけに、良い天気となって、より満足感を感じた観望会となりました。(もっと多くの人に見て欲しかったです) 今日の担当は西口さんと渡辺でした。
 

9/24(日)えぼし

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月25日(月)09時59分33秒
返信・引用 編集済
  お天気:ほぼ晴れ  参加者:4名  スタッフ:永井

「天候は晴れお客様は4名で実施予定です」の連絡が入りました。 相手が4名では…と言う事で、急遽一人で向かう事にしました。

お客さんは2組 多賀城の女性の方は広島からのお友達とご一緒。 もう一組は地元のご夫婦で、函館から来ているお孫さん(幼児)帯同でした。 広島からの女性は「仙台に来るANAの機内誌で、えぼしの空中散歩de星空さんぽの体験談を見て、お釜を見たついでに参加した」と言っておられました。

星が見られそう・という事で、プロジェクターでの説明はせず、今から見られる星空を説明し室外へ。

目が暗闇に慣れていない事も有り、確認出来なかった星が時間とともに見え出します。 正直に言うと雲は少ないものの、湿気が多く空が白っぽく見えるので、最上の星空とは言い難かったんですが、天の川が確認出来ると歓声があがっていました。

湿気のためレーザーポインターの光のラインもくっきりはっきり・それを使って星座や星の説明をしました。 皆さん☆好きの方ばかりでしたが、天の川は初体験? 満足度は高かった様です。 望遠鏡ではアンドロメダ銀河を堪能して貰いました。

あっという間に終了・と言った感じで、帰り際に質問は有りませんか?と言ったら、立ち止まっての質問コーナーとなり、幾つもの質問が出ました。

昨日とは打って変わっての晴天という事も有り、少人数では有りましたが充実した星見になりました。 帰るとき湿気のためにワイパーを回す羽目に… 山を下る間それが続きました。
 

9/23(土)えぼし

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月23日(土)23時08分16秒
返信・引用
  お天気:曇り時々晴れ  参加者:4組14名  スタッフ:西口・永井

例会終了後、天文台で時間を調整しての出発でしたが、到着はかなり早目となりました。 その時点ですでに3組の方が到着していました。

やや早目にゴンドラで上にのぼり、室内外の準備・空全面の雲で時折星が見られる状況でしたから先行きが心配されました。 到着順に天体写真を選んで貰って全員がそろうのにしばし時間がかかりました。 参加者は7組14名・申し合わせた様に若いカップルだけと言う珍しい現象でした。

挨拶、基礎講座?をした後で雲だらけの外へ・・・ 目が慣れていない事も有り、星は見られません。 望遠鏡をセットした時見られた土星も雲の中です。 そうこうしている内にあちこちの雲が隙間を開け始め、夏の大三角も見えだしましたが、三つ揃う状態は殆ど無し(笑)

そんな状態がづうっと続きましたが、終了間近になってかなり広い部分が見える様になり、アンドロメダ銀河を見て貰う事が出来ました。

星が見えない時間帯には質問を促し回答するやり方をしました。 3人から質問が有りましたが雲だらけの時の一つのやり方かも知れません。

望遠鏡で見て貰う積りになっても、ほんの短時間しか見られない事も有り、西口さんはいろいろ導入しても中々声掛け出来ずに苦労していた様です。 色々見たのは私だけ・って終わってから笑っていました。

中止かも?と思うお天気でしたので、曲がりなりにも星が見られた事は幸いでした。 参加者21人の予定が14人迄7名減となったのは、やはりお天気の勢でしょう。 明日の参加者は今日現在で4名との事ですが、お天気はどうなんでしょうか?
 

レンタル掲示板
/24