teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1勝1敗

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年10月28日(日)21時55分49秒
  >猫図襖さん
はじめまして。
「石の花」の感想は、7、8年くらい前に書いたものなんで、今読むとだいぶ恥ずかしい部分もあるんですが、「石の花」はもちろん、坂口尚作品の出会いの一助になっていると思うと感慨深い。ありがとうございました。これを機会に、他の坂口作品にも是非触れてみてください。
 
 

(無題)

 投稿者:猫図襖  投稿日:2007年10月26日(金)14時17分21秒
  白拍子様初めまして、猫図襖(ねこずふすま)と申します。今月から貴HPを楽しく
拝見させていただいております。
ご紹介にあった「石の花」を一昨日読了しました。よくぞわが国ではマイナーと
も思えるユーゴの制度対立(王政復古との)、民族対立、反ファシズムパルチザン
闘争等を背景(無論、時代背景であり本作品の主題ではないでしょうが)に選んで
くれたとか、絵がうまい(大友ばりに)、マイスナーはどこにいる?
などの読後感に、とりあえずひたっております。

こちらを訪れなければ、私は一生手にすることはなかったでしょう。
このような良品をご紹介して下さったことに深く感謝を申し上げます。

次は白拍子様の長い論評を読ませていただきます(白拍子様が本作について書かれた
さわりの部分だけ読んで、本作を読みはじめたので)。

取り急ぎ御礼まで
 

(無題)

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年 8月20日(月)21時23分11秒
  >とみさん
はじめまして。
おお振りは読み応えのある野球マンガでとても楽しんでいます。
私の拙文でもなにかしら楽しんでいただければ幸いです。
「フラワー・オブ・ライフ」はクリスマス会までが楽しい時期で
それ以降はクラス替え等の別れがあるということを相沢が語っていますよね。
作品も相沢の言葉どおりに展開し、4巻はそれまでのノリと違うのも致し方ないのかもしれません。

これからもひっそりとよろしくお願いします。
 

はじめまして。

 投稿者:とみ  投稿日:2007年 8月18日(土)22時22分49秒
  おお振り感想で検索中、こちらに流れ着いた者です。
作品別感想には知っているものがいくつもあって、
とても楽しく読ませて頂きました。

「フラワー・オブ・ライフ」は、
1~3巻のあの明るいノリが好きだった私にとっては
少々残念な結末だったのですが、
白拍子さんの感想を読んで、
なるほどそういう事なのかもなあという気持ちになりました。

これからも、楽しみにしてます。
 

(無題)

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年 8月 7日(火)00時27分42秒
  >GINさん
ありがとうございます。「甘い水」の下巻は読まれたでしょうか。ネタバレをしないように注意して書いた感想ですが、読後感を損ねていなければ幸いです。

えーただいま、よしながふみ「フラワー・オブ・ライフ」の長い感想文を書いてます。今週中には更新できる形になるかと思いますが、1月のげんしけん長文に続き、今年2度目の長文ですな。2か月くらい前から少しずつ書き溜めたもんですが、普段一気に書き上げるだけに、筋道が通っているかどうか不安です。まあ生暖かい目で見てください。
 

凄いページだと思いました

 投稿者:GIN  投稿日:2007年 8月 4日(土)03時05分31秒
  mixiベースで日記に自分勝手に好きなことを書いているものです。今回「甘い水」(松本剛)の上巻を読んでいまして、下巻を前に情報収集しておりましたところ、こちらの「マンガ夜話」に辿り着きました。

詳細を暈して、作品の核の部分をまとめておられるところで、これは凄いページを読んでしまったと思いました。「涙が甘い」ってどういうことなんだろうって。下巻を手に入れてその意味を知ることに強い興味を覚えております。

時々お邪魔させていただきます。今後とも色々な作品について教えていただけますと幸いです。
 

了解

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年 5月14日(月)00時20分10秒
  >さとぴーさん
了解しました。結構登録サイト数増えてたのに残念でした。
たまにランダムリンクで遊んでたのに。
 

まんがWebRing終了のお知らせ

 投稿者:さとぴー  投稿日:2007年 5月 1日(火)07時37分26秒
  ウェブリングジャパンがリングのサービスをを終了したため、まんがWebRingも終了せざるを得なくなりました。
お手数をおかけしますが、ナビゲーション部分は意味をなさなくなりますので、撤去をよろしくお願い致します。

URL部分にはウェブリングジャパン終了案内のURLを入れておきます。

http://www.webring.ne.jp/close.html

 

落球がいL

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年 4月25日(水)23時59分30秒
  >竹泉さん
ども。「神童」は初日に早速見てきました。原作と比較した感想はすでにブログでネタバレしながら書きましたが、映画だけについて言えば、私はとても美しい映画だと思いました。主題曲をクラシックにしなかったのは不満ですが。主演二人もいいです。も一回観たい。
「天コケ」は特報がいよいよ映画館でかかり始めました。今、天コケの公式で確認できるものと同じ内容ですね。山下敦弘監督、渡辺あや脚本、つまらなくなることはまずないでしょう。アスミックエース配給でつまらなかった映画も少ないですし。
「赤い文化住宅の初子」(タナダユキ監督、めっちゃ楽しみ)、「吉祥天女」「夕凪~」とまだまだ漫画原作映画ラッシュは続きますよ。
 

恋するニワトリ

 投稿者:竹泉  投稿日:2007年 4月21日(土)18時41分59秒
  「神童」いよいよ公開ですね。神童は、いわゆる「神童」の物語ではなく、「振動」、音によって人や心がゆれうごき、共鳴すること…を描いた素敵な作品だと思います。
音楽の根本は、技術や表現力でなく、自分や楽器を通して心やカラダを響かせることなんだよ…という平面で表現するのが難しいテーマに果敢に挑んだ漫画だという感想を持ちましたが、映画もとても楽しみです。天コケも映画化しますよね。こちらは、ドタバタものにだけはしないで、のどかな人間模様を、のどか~に描いた映画になるとよいですね。夕凪の街~も夏公開でしたっけ。
メジロ押しですね!
 

レンタル掲示板
/13