teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「アンダーカレント」

 投稿者:芝生  投稿日:2008年 3月 1日(土)02時01分9秒
  はじめまして
「豊田徹也(さん)」でググっていたらこのサイトのページに偶然行き着きました。
「アンダーカレント」について共感できるところや新しい発見を与えてもらいました。
特に、音楽家の菅野よう子さんと作中の菅野とで関連があったのには驚きました(笑)
ありがとうございます。
本当にこの作品の「間」の使い方などは上手いなと、読み返す度に思います。

他の作品の感想も読ませてもらいます
 
 

藤井放出

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年 1月12日(土)12時52分35秒
  >帖さん
はじめまして。更新頻度が鈍いので、新規開拓にはあまり役立つサイトではないのですが、それでも一助になれたのならうれしい限り。ありがとうございます。緑川ゆきは「あかく咲く声」からずっと応援している作家さんなので、たまに贔屓の引き倒してるんではないかと心配していますが、少しでもファンが増えれば幸いです。
なるしまゆり作品、早速何冊か購入しました。ご紹介に感謝。これからもひっそりとよろしくお願いします。

>ゴトウさん
お久しぶりです。まあ、このサイト的には年に一度くらいでもほどよいペースではないかと。
「GIANT KILLING」は個人的に青年漫画の大ヒット作です。サッカーの監督物でここまで燃える展開があるとは、という驚きと、試合を観戦している気分を味わえるのが魅力ですね。
今年ものんびりとよろしくお願いします。
 

ものすごくお久しぶりです

 投稿者:ゴトウ  投稿日:2008年 1月 7日(月)22時52分30秒
  明けましておめでとうございます(←まだギリギリ松の内?)

毎度楽しく読ませて頂いております。
が、こと書き込みに至るとものすごくご無沙汰しております。

ここ1年ほどゆっくりじっくり単行本を読み耽る暇が取れずにおります。
そんな中でも次の雑誌発売日の楽しみな連載作品は出てくるもので、
「GIANT KILLING」が正にそんな中の一つ。
ちょうど、白拍子さんの挙げた内にタイトルを見つけたので、
久々に書き込んでいきます。

サッカーものでは今は一番楽しませてもらっています。
とはいえ、毎週少しずつ読むのとまとまった形で読むのとでは
印象も違ってきますので、何とか時間を作って読みたいものです。

では、今年もよろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2008年 1月 7日(月)02時01分28秒
  はじめまして。ずっと以前に「プラネテス」の検索でたどり着いて以来、ひっそりと通わせていただいてます。その緻密な考察もさることながら、緑川ゆきやよしながふみあたりの趣味がぴったりなのが嬉しくて、どの記事も楽しく読ませていただきました。新しい漫画を開拓するのにとても活用させて頂いてます。

ちなみに少女漫画なら私はなるしまゆり氏がおすすめです。
厳密に少女漫画家かというとちょっと疑問に思うくらい重くて複雑な話が得意なかたです(笑)。連載中の「少年魔法士」がとにかくすごい話ですが、完結したものなら「プラネット・ラダー」や短編集の「少年怪奇シリーズ」あたりがいい!と個人的には思っています。

これからもHP拝見させていただきます。長々と失礼いたしました!
 

さよならラミ

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年12月31日(月)20時38分43秒
  >さえさん
本当にありがとうございました。
西炯子作品はこれからいろいろ読んでいきたいと思っています。
少女漫画のおすすめとかに今飢えていますので、またひっそりとよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:さえ  投稿日:2007年12月30日(日)00時13分53秒
  こんばんは。以前ブログの方で西炯子のひらひらひゅ~んをお薦めした者です。突然あのような書き込みをして失礼だったかしら、と思ったのですが、気に入っていただけたようで良かったです。ひらひらひゅ~んを読んで、白拍子さんならこれはお好きなのではないかと思ったら、お知らせしたくて...。 shiroiiという名前で漫画の感想などを書いていますので、まだ始めたばかりですが、気が向きましたらおいでくださいませ。

http://kan-sotoka.jugem.jp/

 

グラグライシンガ

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年12月20日(木)23時34分57秒
  >竹泉さん
どうも、こんちは。
「ハルコイ」はどれもしみじみといい話でした。しっかりと伏線もあるし好短編です。
言われて見れば、おばさんの顔は確かに岩舘真理子の描くおばさんに似てましたね。
末次氏はずっとそういう声からは逃れられないでしょう。物語でどれだけ魅せられるか。
次の連載作が楽しみです。
 

塩こんぶ

 投稿者:竹泉  投稿日:2007年12月17日(月)15時42分44秒
  こんにちは!

私もハルコイ読みました。
「本田さん」の描写が、岩館真理子さんの
「月と雲の間」の「お母さん」と似ていて最初ちょっとドキーッと
しましたけど、どの短編も面白かったです。

少女漫画ってじんわりしていいですねぇ。じんわり。
 

広島、ヤクルト……

 投稿者:白拍子  投稿日:2007年11月18日(日)23時54分24秒
  >竹泉さん
ども、お久しぶりです。
のんびりとマイペースで更新しています。
市川春子の新作は読みました。また感想は書くつもり、例によっていつになるかはわかりませんが。
本になると感想も書きやすいので、薄くていいので本になって欲しいと私も思います。

今後もひっそりとよろしくお願いします。
 

ほしのこ

 投稿者:竹泉  投稿日:2007年11月16日(金)10時23分18秒
  お久しぶりでございます。
のんびりと楽しませていただいております。

今月号のアフタヌーンの市川春子さんの新作、
ご覧になりましたか?

ああ早く、本になって欲しいですね。
 

レンタル掲示板
/13