teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アニメ夏目二期確報キター

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年 9月27日(土)22時34分15秒
  >がらくたさん
ありがとうございます、とりあえず書き込みから日が経ちましたが落ち着かれたでしょうか……
 
 

結婚してください。

 投稿者:がらくた  投稿日:2008年 9月21日(日)23時48分39秒
  酔ったついでに初めて筆をとりますが。
多分、三~四年くらい前?から時々、心のより拠りどころにしております。
だって、岡崎京子や黒田、ひぐち、森薫、志村貴子、文子、萩尾、西炯子なんてっつたら!
私、「エマ」の2巻発売時(?)のサイン会の受付用紙持ってますもん!
当時高校生で、サイン会がテスト期間の合間だったんで行かなかったんですよ!
結局試験勉強なんかしないのに!バカ!…これ、一生後悔しますよ。
ちなみにひぐちにはじめて会ったのは、調べたら2003年の12月でしたが、
その素晴らしさに気が付いたのは、今年のお盆でした。もう、私なんかクソですよ。。。
それから衿沢世依子!コミックH!「ファミリーアフェア」この衝撃は高校生のときでした。
まだ確か、よしもとなんか知らん頃でした。
で、知らんうちにコミックHはなくなってました。。。そういや、滝沢麻耶も描いとりましたね。
浅野いにお、うめざわ、あずま、福島なんかはあまり好まんのですが、吉田秋生とかジョージとかしりあがりとか大好きですよ!
でも、なんで朝倉世界一(やや天才)がないのか!なんでもっとしりあがり寿(天才)を褒め称えないのか!
で(本題)、私があだち充(たぶん天才じゃない)以外よく読まん少年マンガもけっこー描いておられますが、
なぜ西森博之がないのでしょうか!
私が今言いたいのはそれだけですよ。ちょっと今、すばりここ四時間、すごくハマったからですよ。
こいつはサンデーが誇る素晴らしいマンガ家ですよ。たぶん。おそらく。もしかしたら。勘違いかもしれん。
まぁ、それでは、お体に気をつけて、これからもひとりで勝手にやって下さい。
死ぬほど応援しております。
なぜなら、私は、くだらない漫画を読んで大きくなり、人生を知り、社会を学び、興奮し感動し、涙を流した阿呆ですんで。
 

しまうー

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年 9月10日(水)23時20分29秒
  >ろくななさん
ありがとうございます。「レベルE」は何度読んでもとても楽しいです。あの裏切られ方は確かに他ではなかなか味わえませんね。
つたない文章ですが、これからも長い目でよろしくお願いします。
 

はじめまして

 投稿者:ろくなな  投稿日:2008年 9月 6日(土)21時10分15秒
  はじめまして、ろくななと申します。
「レベルE」は愉快なおもちゃ拝見させていただきました。
富樫作品の大好きな自分にとっては、たまらなく嬉しい内容でした。

あれほど作者に、主人公に、小気味好く裏切られるマンガも他にない!と勝手に思っていましたが
白拍子さんの文章を読んで、思いが確信に変わりました(笑)
小学生の頃に糸井里奈の偽の複線に気づくことすらできなくて、二度三度読み返してやっと理解したとき
「やられたーーーぁ!!そしてばかだな自分!」と楽しいやら悔しいやらで大変なことになったのを思い出しました。

白拍子さんの他の作品についての考察もとても勉強になりました。
また伺いたいと思います。
 

二階堂7・21

 投稿者:健太  投稿日:2008年 8月21日(木)13時28分45秒
  はい!!気長に待ちます  

イガラシ7/17

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年 7月19日(土)00時06分26秒
  >健太さん
だいぶ待たせてしまいますが、気長にお待ちください。

>totoさん
単行本をご用意ください。文化祭で劇の脚本を書いた山根さん。2巻104頁でその台本を持った真島が3コマ目にいます。台本には「脚本:山根佳」の文字が見えますね。「佳」は確定です。
続いて4巻192頁4コマ目。こちらは全く根拠がありません。山根さんがクラス分けの名簿を見る場面で、掲示板に貼られたそれらに名前が列挙してあります。そこに「佳代」という名前が見えますね。上からあいうえお順に名前が並んでいるので、この辺に「山根」があってもおかしくないと勝手に思いました。それだけなんです、すんません。ですから根拠のない推測です、すんません。
尾崎の下の名前も書いていたときに調べましたがわかりませんでした。
 

人生の花盛り

 投稿者:toto  投稿日:2008年 7月18日(金)20時33分8秒
  はじめまして。totoと申します。
検索からこちらを見つけました。
「フラワー・オブ・ライフ」の登場人物別の考察、読ませて頂きました。
新しい漫画の読み方を見た気がします。ありがとうございます。

実は山根さんの下の名前が知りたくて(笑)、
他の明らかになっているキャラクターの本名を検索した、
という経緯で流れ着いたのでありまして。
白拍子さんは山根さんの下の名前を「佳代」と推測した理由を、
ぜひお聞かせ下さい。
くだらない質問かもしれませんが、お願いします。

・・・尾崎くんの名前を調べようと思わなかったのはやはり印象の問題か・・・(笑)
 

はい、楽しみにして待たせていただきます

 投稿者:健太  投稿日:2008年 6月24日(火)12時58分4秒
  はい、楽しみにして待たせていただきます。  

6/21

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年 6月21日(土)22時18分44秒
  >サチさん
ご指摘ありがとうございます。たまにやってしまうんですよね、その打ち間違い。
かな入力です、はい。次の更新時に直したいと思います。ありがとうございました。

>健太さん
ありがとうございます。
「誰のためのデザイン」は読んでいなかったんですが、検索してわかりました。どうも勘違いしてたっぽいです。本を引っ張り出して読み直しています。日本でアフォーダンス理論といえば佐々木正人先生ですからね、著作が二冊ほどあるんで勉強しなおします。本はそんなに読んでいません、直感に頼る部分が多いんですよ。
ただ、読み直して感じたのですが、これは単に修正するよりも、もう一歩マンガ読解のためのキーワードとして考察を進めてみたいと思います。仕事が忙しいので更新がままならない状態ですが、気長にお待ちください。
 

題名をつけるのが苦手です。

 投稿者:健太  投稿日:2008年 6月19日(木)16時16分52秒
  こんにちは 健太です。
トイレの例というのは非常に面白いと感じます。
また誰もが見つけやすい情報をデザインしているというのもアフォーダンスとデザインを考える上で大変重要な考えだと感じます。
ただアフォーダンスの相互依存関係についての面で私は白拍子泰彦さんがノーマンと同様の勘違いなさっているのではと感じました。
トイレの例につきましてはたくさんの本をお読みなっておられる白拍子泰彦さんらしく確信をつくもののように思います。
修正されましたらぜひ拝見させていただきます。
 

レンタル掲示板
/13