teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:ぶたたね  投稿日:2009年 3月 3日(火)22時43分31秒
  間違えました

作者、秋里 和国さんでした。

大変な失礼をいたしました。
 
 

(無題)

 投稿者:ぶたたね  投稿日:2009年 3月 3日(火)21時58分54秒
  はじめまして
うろうろとしてて たどり着きました。

吉田秋生さんの
TOMOI
おすすめです。
始めは入りにくい話ですが、3文の1読んだあたりから
楽に入りこめるようです。

読後はなんともいえません。

ずどどどん

と沈みます。

ああなんてこと
です。
 

いただきます。

 投稿者:竹泉  投稿日:2009年 2月24日(火)11時36分55秒
  お忙しそうなのに更新されていて感心してしまいます。
こっそり楽しませていただいています。

「深夜食堂」は、読むとそれを食べたくなりますが、
「女の子の食卓」はそれを食べたときの気持ちを思い出します。
考えたら、映画でも、小説でも、音楽(?)でも、
食事のシーンを丁寧に描いているものは
心に残る作品が多い気がしますね。
 

(無題)

 投稿者:ノノノ  投稿日:2009年 2月 3日(火)22時00分37秒
  自分の意見に酔いすぎて迷走し
見えてないものがあるんじゃないの?
BJ先生に診てもらえ
 

はじめまして

 投稿者:高3男  投稿日:2009年 1月24日(土)14時00分55秒
  検索してたらたどり着きました。漫画に対する造詣が深い方だなぁと思いました(笑)ふと思ったんですが手塚先生の漫画ってなぜ女性に乱暴する場面が多いんですかね?気が向いたらお返事下さい。失礼します。  

それでも私は人間です!

 投稿者:れもん  投稿日:2009年 1月14日(水)11時54分21秒
  管理人様の「流血鬼」の感想を見ました。でも私は黄色い肌のもろい人間です!でも希望を常に捨てません!私には大好きなアニメのキャラクターがいますZZガンダムのリィナ・アーシタという女の子ですその子は常に「自分よりみんなのコト」を考える子です。人間だからこそ思える心なのです!カプコンの「ヴァンパイアシリーズ」をやったことはあるでしょうか?彼らは滑稽なくらい自分主義で勝ちセリフも傲慢です!こんな奴らと同じと思われるくらいなら私は人間でいたい!私は人間です吸血鬼でも傲慢なモンスターでもない!最後にリィナのセリフを交えて感想を言います「私は違うこんな吸血鬼になるために生きているんじゃない!」  

やっと出来た

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年12月23日(火)17時30分48秒
  >竹泉さん
お久しぶりです。
市川春子情報ありがとうございます。早速その雑誌を……と思ったら女性向けのファッション雑誌なんですね。これはさすがに立ち読みできない……
まあとにかく、早く単行本としてじっくりと読みたいですね。これまで読みきりが掲載されたアフタヌーンは購入したつもりなんですが、やはり本という形で読みたいですね。私も楽しみであります。
今年はあと一回くらいの更新になりそうですが、来年もまったりとよろしくお願いいたします。
 

鬼が含み笑い

 投稿者:竹泉  投稿日:2008年12月22日(月)10時10分46秒
  お久しぶりでございます。
今年もマンガに楽しませていただいた一年でございました。

雑誌「装苑」に市川春子さんの紹介記事が載ってますね!
来年本もでるらしいとのことで、今からわくわくでございます。
わくわく。
 

ニコニコ

 投稿者:白拍子  投稿日:2008年10月14日(火)00時01分8秒
  >赤ガエルさん
ありがとうございます。

>作中1コマだけ登場する謎の人物についてです
知りませんでした。実在するファンの方だったんですね、びっくり。これはファンにとっては思わずにやけてしまう場面なんでしょうね。いやー、驚きました。アニメにもこのおじさんが1カット原作どおりに出てきていましたが、アニメのスタッフのやはりご存知だったんでしょうね。黒田硫黄はやっぱり侮れねー作家だな。
赤ガエルさん、ありがとうございました。
 

黒田硫黄「茄子」のへんなおじさん

 投稿者:赤ガエルメール  投稿日:2008年10月 5日(日)19時20分44秒
  いつも白拍子さんのマンガ評を楽しみにしています。
クルマと自転車とそれからマンガが好きなおっさん、「赤ガエル」と申します。
作品別独り言を以前のものまでさかのぼって読んでいましたら、「アンダルシアの夏」が取り上げられているのを見つけました。
なんど読み返しても、アニメ版を見返しても、自転車レースの暑さと迫力がいきいきと描写された快作だと思っています。

ところでもうすでにご存知かもしれませんが、作中1コマだけ登場する謎の人物についてです。

>3コマ目の角はやした親父は一体なんなんだよ……

この人ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93

まさか実在とは思いませんよね。そこまで書いてあるのか!と、自転車ファンは更にうれしくなるんです。(ただブエルタにまで現れるのか?ちょっと疑問ではありますが)

これからも楽しみにしています。がんばってください。

http://blog.goo.ne.jp/red-964carrera2

 

レンタル掲示板
/13