teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第454回三水会便り <平成29年6月>

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 5月19日(金)00時39分34秒
返信・引用
   暦の上では6月11日が「入梅」です。早く梅雨空が上がり、夏の太陽が輝く山路を歩けることを待ち望んでおります。また、10日は「時の記念日」です。梅雨の間にでも、貴方の大切な時間の過ごし方を振り返ってみては、いかがですか。

★三水会例会
☆第639回例会報告
日時:平成29年5月16日(火) 18:30~20:00
場所:山岳会集会室
参加者:長岡正利(演者)、荒木正弘、石井由紀、石原康生、勝田房治、掛江正道、川俣俊一、清登緑郎、小泉義彦、佐藤正樹、塩澤厚、菅原紀彦、砂田定夫、征矢三樹、高木康雄、高橋満男、高橋隆一、武田幸男、豊田茂、中島純忠、長谷川公子、平戸孝夫、平野幹雄、古市進、牧野忠男、増田達治、望月公子 以上27名

 長岡正利会員が、「白山の自然―火山と地質、高山植物、白山信仰と山麓での昔の暮らし」の題で、300枚ほどのスライドを駆使してお話され、先ず、金沢大日学時代にまとめられた、白山火山の地質とその形成の変遷について、ジュラ紀地層で発見されたほぼ全体像に近い恐竜の化石のこと、「ハクサン」を冠した代表的な高山植物、白山小桜、白山一花(イチゲ)、白山石楠花、白山千鳥、黒百合などの綺麗な写真、今度は一転して、天台密教を中心とした白山信仰や明治初期の廃仏毀釈時の神社、仏閣、仏像の変遷や更には、白山山麓の「出作り」の風習とその家屋についてと白山の自然からその地域の信仰、風習、文化と広範囲に及ぶ興味深い内容でした。 係:塩澤 厚

☆第640回例会は、6月21日(水)です。JAC名誉会員、横断山脈研究会会長の中村保氏より「禁断の南チベット、変貌するチベット―未踏の山域、最後の辺境は今、強まる外国人規制、開発のパラドックス―」のお話を伺います。多数のご出席をお待ちしております。 係:塩澤 厚

☆第641回例会は、7月19日(水)です。砂田定夫会員から「山岳会を創った岳人たち」の題でお話を伺います。 係:塩澤 厚

★三水会山行
☆山行報告 5月14日予定の石丸峠から小菅の湯までの山行は、係の吉田正隆氏が感冒に罹り行けなくなったうえ、参加者も少なかったので中止になりました。

☆6月山行予報 6月3日(土)、4日(日)「三条の湯」泊りで2017年の山、雲取山(2017m)登山です。集合:JR奥多摩駅9:20am、参考:新宿(7:44)発ホリデー快速おくたま3号、申込みは高橋重之氏(090-4748-3548 またはstakaha@zpost.plala.or.jp)まで。  係:高橋郁子、高橋重之

★その他
☆6月1日より郵便はがき代が62円に値上がりになります。添付メールを受信可能な方に毎月の「便り」をemailでお送りしたいと思っております。お手数をお掛けしますが、予算節約のためご協力をお願い致します。なお、うまく開けない、プリンターがない等、諸事情でどうしても従来通り「葉書」で受け取りたい方は、小泉義彦(koizumi@gate01.com)まで(cc:塩澤厚(atsushi-shio@r8.dion.ne.jp)ご連絡下さい。

☆平成29年度連絡通信費(2,000円)の納入をお願い致します。「振替口座:00180-0-149006日本山岳会三水会」にお払い込み下さい。平成28年度分未納の方は合わせてお願い致します。

       東京都千代田区四番丁5-4 日本山岳会三水会
                     便り担当:平戸、小泉、塩澤

 
 

今日の三水会例会と、筑波山写真をご紹介

 投稿者:長岡正利  投稿日:2017年 5月16日(火)03時46分36秒
返信・引用
   今日の三水会例会で、「白山の自然-火山と地質、高山植物、白山信仰と山麓での昔の暮らし」をお話しする長岡です。この「掲示板」ブログがあることを、先に、小泉様からお教え頂きまして、不慣れながら書き込んでみます。
 まず、今日の会ですが、会員でメール可の皆様には、そのお知らせチラシを小泉様からの「三水会便り」一斉配信のシステムでお送り頂いたとおりです。同じものは、4月例会時にもご参加の皆様にお渡ししております。
 今日も増刷してお持ちしようとしましたら、プリンターのインクが無くなっておりました。申し訳ありませんが、今日の配布資料はありません。

 今日のお話しに関連してですが、関連の地質サンプルをお廻ししてご覧頂きます。
 モノは、昔の白山信仰の人達が、山へ担ぎ上げて塚を築いたモノと同種の、飛騨変成岩類の中の大理石と、小宅を探してもし出てきましたら、手取統(恐竜化石と同じ時代)の植物化石など。ほかに、3月に行ってきたビルマの翡翠なども。
 なお、毎回、6時15分頃を廻りますとほぼ満席ですので、その頃から廻し始めます。スライド映写の暗闇では、見るのが困難のゆえです。

ところで、
 この文面の下にアップロードしたのは、昨夜、小泉様が投稿なされた、「三水会」会員5名での、筑波山です。
 小宅から2時間半ほどで山頂です。これは、4月例会で「ご希望の方3~4人が集まればご案内します。」と申して、会計ご担当・長谷川様に幹事役をやって頂いたものでした。
 行程などは、前の、小泉様お書き込みのとおりです。ブナの深緑が美しい山は、ツツジの季節に変わり始めておりました。

下にアップロードした写真は、順に、次のとおりです。
・筑波山山頂直下での賑わい。小学校の遠足で、狭い山頂には順に。
・双耳峰である筑波山山頂の一つ、女体山にある一等三角点の前で。
・ロープウエイ登山口駅あたりでの、ヤマツツジの満開。
・下山後、国土地理院近くの「つくばハム」で、ゆったりの昼食を。
・国土地理院「地図と測量の科学館」入り口で。床の絵は、赤青立体視が可能です。
・最後に、時間に追われてあわただしく廻った「地質標本館」(旧・地質調査所構内)
 素晴らしい標本が一杯ですが、その一つ、新緑を想わせる色の「蛍石」を。

 筑波山は、小宅から近いので、今後も、ご希望の方3~4人がお集まりでしたら、山などをご案内差し上げます。
 では、今日の例会は、どうぞよろしくお願いします。
   長岡正利 拝
 

筑波山逍遥

 投稿者:koizumi  投稿日:2017年 5月14日(日)22時08分36秒
返信・引用
    5月12日につくばみらい市在住の長岡正利さんの案内で筑波山と周辺の施設を見学した。参加者は長谷川公子さん、川俣俊一さん、増田達治さんと小泉の4人。秋葉原9時発の「つくばエクスプレス」に乗車、「みらい平」駅に長岡さんが車でお迎え、1時間10分ほどでロープウエイの「つつじヶ丘」駅へ。11時発のロープウエイに乗り、6分ほど緑したたる中を空中散歩して山頂駅へ。つつじの赤が目にしみた。駅から女体山山頂まで徒歩5分と言われているが、3倍はかかった。神社奥社に着くと山頂一帯は小学生で占められていた。少し曇っているが平野の景色がよい。お茶、記念撮影して12時20分のロープウエイで下山。筑波神社を見学、小学生相手にガマの油の口上があったが間が多すぎて全部を見ていられない。「つくばハム」でゆっくりと遅めの昼食。ここから時間がなくなって、国土地理院「地図と測量の科学館」見学、予定の「つくば植物園」は省略、最後に「地質館本館」を見て「つくば」駅まで送っていただき17時2分発の「つくばエクスプレス」に乗った。「地図と測量の科学館」、「地質館本館」は駆け足で廻ったので、今度はじっくり見学したいと全員の一致。見るものが沢山あるので半日は必要だ。長岡さん楽しい時間をありがとうございました。
 

三水会便り 第453回 <平成29年5月> 

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 4月28日(金)22時39分7秒
返信・引用
  「ありがとう 季節の香りを運ぶ道」先日、山あいでこんな素敵な標示を見つけました。新緑の若葉と花々の爽やかな香りが鼻をつきます。季節の潤いを感じるときです。

★三水会例会
☆第638回例会報告
日時:平成29年4月19日(水)18:30~20:00
場所:山岳会集会室
参加者:中村純二(演者)、中村あや、荒木正弘、石井由紀、石原康生、勝田房治、掛江正道、清登緑郎、小泉義彦、塩澤厚、高橋満男、滝沢ちよ子、豊田茂、中島純忠、長岡正利、西谷隆亘、西谷可江、長谷川公子、平戸孝夫、平野幹雄、古市進、牧野忠男、増田達治、望月公子、吉田正隆 以上25名

  JAC名誉会員中村純二さんと同夫人あやさんの「昨年の国内の旅とカナダ、アラスカの自然」のお話でした。最初は、昨2016年の春から秋の国内の旅のお話、鹿島槍から五竜に続く初冬の雪の白と前景の紅葉の赤のコントラストがきれいでした。次は、丁度50年前の1967年、TUSACの8名でアラスカのヘス峰(4,000m弱)に初登の西稜から登った時のお話で、1名の隊員が氷河で滑落されたが丁度居合わせたアメリカ軍の救助訓練隊に助けられて九死に一生を得られたお話等がありました。最後は、2007年~15年のカナダ、アラスカの旅のお話で、カナダの東端、ニューフォンドランド島や夜光観測等の興味深いものでした。  係:塩澤 厚

☆第639回例会は、5月16日(火)(変更にご注意)です。長岡正利会員から「白山の自然―火山と地質、高山植物、白山信仰と山麓での昔の暮らし」の題でお話を伺う予定です。
 多数のご出席をお待ちしております。                 係:塩澤 厚

☆第640回例会は、6月21日(水)です。JAC名誉会員、横断山脈研究会会長の中村保さんから「禁断の南チベット、変貌するチベット―未踏の山域、最後の辺境は今、強まる外国人規制、開発のパラドックス―」の題でお話を伺います。      係:塩澤 厚

★三水会山行
☆4月山行報告 4月7日(金)、弘法山お花見ハイキング。 13名参加。
  案じられた雨にも降られず、曇天ながら咲き誇る1000本の桜と江の島浮かぶ相模湾の眺望も楽しめた。秦野駅から鶴巻温泉にほろ酔い気分で下山、有志は〝弘法の里の湯″に入浴、小宴会で出来上がり。〝さまざまな事おもい出す桜かな″(芭蕉)〝散る桜残る桜も散る桜″(良寛)〝楽しくてやがてしんみり花見かな″のシルバー登山でした。    係:平野幹雄

☆5月山行予報 5月14日(日)石丸峠から小菅の湯まで新緑の道を歩く。
 JR中央線「甲斐大和駅改札口」に9:05am集合。甲斐大和からバス(1,000円)で石丸峠入口~(1:15)~石丸峠~(約4:00の下り)~小菅の湯(17:45のバス、1,000円)~JR奥多摩湖駅、18:40頃解散。参考:JR東京(6:53)~(中央線快速)~(8:01)~高尾(8:10)~(中央線甲府行)~(9:04)甲斐大和
参加連絡は5月10日(水)までに携帯:090‐6566?3604かemail:uhi87591@nifty.comで。    係:吉田正隆

☆6月山行予報 6月3日(土)、4日(日)「三条の湯」泊りで2017年の山、雲取山ピストン登山です。「三条の湯」宿泊のみでも可。申し込みは係まで。係:高橋郁子、高橋重之

  東京都千代田区四番町5-4 日本山岳会三水会   便り担当:平戸、小泉、塩澤
 

4月山行

 投稿者:征矢三樹  投稿日:2017年 4月 9日(日)12時48分4秒
返信・引用
  三水会4月山行 弘法山 報告
■日 程 4月7日(金)
■参加者 川俣俊一、下野武司、下野美穂子、征矢三樹、高橋満男、高橋あかね、武田幸男、鶴田泰子、平野幹雄(係)、古市進、増田達治、望月公子、吉田正孝 13名
■行 程 9時30分小田急線秦野駅集合。弘法山登山口~浅間山~10時50分権現山~11:30弘法山(お花見)~14:30鶴巻温泉解散。あいにく小雨模様でしたが、たいしたことはなくゆっくりと桜を見ながら登山開始。桜は7分先くらい。権現山までくると高麗山・湘南平や江の島が間近に見えました。お昼前に弘法山の大師堂前でお花見昼食。鶴巻温泉に下って弘法の里湯に立ち寄って帰りました。
 

第452回 三水会便り その2

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 3月18日(土)22時17分9秒
返信・引用
  モンゴルの最高峰フィテイン(4374m)のBCから頂上アタックまでの写真です。  

第452回 三水会便り <平成29年4月>

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 3月18日(土)11時58分51秒
返信・引用
   桜の花に包まれて、それぞれの新年度が始まります。山登りには、新年度というのはありませんが、植物が一斉に芽吹く春は、誕生の季節でもあり、今年も春の山から気持ちを新たにして登ろうという気になります。

★三水会例会
☆第637回例会報告
日時:平成29年3月15日(水)18:30~20:00
場所:山岳会集会室
参加者:大江隆夫(演者)、荒木正弘、石原康生、勝田房治、掛江正道、川島新太郎、川俣俊一、小泉義彦、佐藤正樹、塩澤厚、高橋満男、高橋重之、武田幸男、田中恵美子、鶴田泰子、中西健一、新村貞男、長谷川公子、平戸孝夫、平野幹雄、古市進、牧野忠男、増田達治、村松充、村山裕嗣、山口延子、吉田正隆、 以上26名

東北大学山の会の大江隆夫さんより「モンゴル最高峰とカザフ族探訪」の題でお話を頂きました。氏は、ここ数年来、チベットへの外国人の入域制限が厳しくなったため、四川省、雲南省さらにインド、パキスタン、キルギスタンの未踏峰踏査と試登に変え、2014年7月16日~8月3日、モンゴルの最高峰フィテイン(4374m)に平均70歳台の4名からなるロートル隊で出かけた。最終空港のあるコクボでガイド、コック、通訳の7名を加えて車でBCのウルギーまで、徒歩でABC1、ABC2を経由してフィテイン峰下の氷河上にC1を設置7月23日、隊員4名ガイド2名で登頂した。後、南のカザフ族の部落を訪問してコクボに戻った。参加者26名。  係:塩澤 厚

☆第638回例会は4月19日(水)です。JACの名誉会員の中村純二さん、あやさんご夫妻に「昨年の国内の旅とカナダ、アラスカの自然」という題でお話をお願いしております。
多数のご出席をお願い致します。  係:塩澤 厚

☆第639回例会は5月16日(火)(変更ご注意)です。長岡正利会員から「白山の自然―火山と地質、高山植物、白山信仰と山麓での昔の暮らし」という題でお話を伺う予定です。多数のご出席をお待ちしております。  係:塩澤 厚

★三水会山行
☆山行報告 3月4日(土)、神奈川県・南山(みなみやま、544m)。
丹沢山塊の北東に位置する南山の山行に15名が参加し、好天のもと楽しく山行しました。本厚木駅に集合しバスで半原下車。あいかわ公園を抜け、やや急登の斜面を登って尾根に出る。休憩舎で一服し、更に登って2時間弱で南山頂上着。昼食休憩。好展望。丹沢東側の山腹に白い馬の雪形を見る。午後は全員が元気にミニ縦走して下山にかかり、14時過ぎ、終着点の鳥居原園地に到着。15時40分発のバスで橋本駅に到着解散。二次会は12人が参加し約2時間。皆さん大満足で終了しました。  係:菅原紀彦、増田達治

☆4月山行予報 4月7日(金)(雨天の場合は翌日8日に順延)弘法山山行(お花見)。
 小田急「秦野駅」改札口付近9:30に集合、秦野駅より浅間山、権現山を経て弘法山(235m)へ。その後、吾妻山経由鶴巻温泉へ下山。希望者は「弘法の里の湯」にて入浴。
 会費は500円(保険、写真、通信代)、入浴希望者は入浴代600~800円。参加申し込みは、4月5日(水)までに平野幹雄さん(0429-32-2385)へ電話で。 係:平野幹雄

☆5月山行予報 5月14日(日)大菩薩・牛の寝通り山行。
 石丸峠から小菅温泉まで縦走。詳細は4月例会時に発表予定です。  係:吉田正隆

   東京都千代田区四番町5-4 日本山岳会三水会
        便り担当:平戸、小泉、(文責)塩澤
 

三水会3月山行「南山」

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 3月 5日(日)17時18分27秒
返信・引用
  3月4日(土)、三水会の3月山行で神奈川県・丹沢山塊の北東に位置する南山(みなみやま、544m)に行きました。総勢15名のうからち、80歳超が6名という超ロートル・パーティでしたが、幹事の増田達治さん、副幹事の菅原紀彦さんの好マネージと好天にも恵まれて、晩冬の静かな山歩きが出来ました。小田急・本厚木からバスで約50分の半原から歩きだし2時間弱で着いた544mの山頂からは足元の宮ヶ瀬湖(ダム湖)から近くの高取、仏果、更に丹沢の山々が望まれました。下りは少し高い権現平(569m)から急な階段上の下りが続き、高尾山より低いと少し見くびっていたところでしたが、なかなかの骨太の山でした。(約3時間30分)
帰路は鳥居原園地よりバスで約50分、橋本駅で解散、有志で駅前の居酒屋で反省会を行いました。
 

第451回 三水会便り <平成29年3月>

 投稿者:塩澤 厚  投稿日:2017年 3月 2日(木)00時06分3秒
返信・引用
   だいぶ日が長くなってきました。春分の季節を迎え、スキーに行けるのも今月まででしょう。暖かい春の日差しを受けて春の山を歩きましょう。

★三水会例会
☆第636回例会報告
日時:平成29年2月15日(水)18:30~20:00
場所:山岳会集会室
参加者:勝田房治、掛江正道、清登緑郎、小泉義彦、塩澤厚、高橋満男、高橋隆一、中村直樹、長岡政利、新村貞男、長谷川公子、平戸孝夫、平野幹雄、福原サチ子、古市進、牧野忠男、村松充、村山裕嗣、望月公子、山口延子、吉田修、吉田正隆、 以上22名

吉田正隆会員から「ベトナム東北部の山」という題でお話を頂きました。最初に、ベトナムの基本な情報、人口(9,340万人)、面積(329,241?)、宗教(主に仏教)、平均寿命(77.51歳)、平均年収(約30万円~100万円)等について解説があり、昨平成28年12月に旅行された所を中心に、首都ハノイから東北に300kmの中国国境の町、ラオカイから30㎞の標高1,600mの避暑地サパ、その近くにあるべトナム最高峰のファン・シ・パン(Fan・Si・Pan)山(3143m)に昨年設置されたロープウェイ(20分)と600段の石段を上って訪れた様子のお話がありました。

☆第637回例会は3月15日(水)です。東北大学山の会、横断山脈研究会の大江隆夫氏より「モンゴル最高峰とカザフ族探訪」のお話を頂くことになっております。色々と面白いことが起こったようで、期待してお聞き頂けることと思います。多数の方のご出席をお願い致します。係:塩澤 厚

☆第638回例会は4月19日(水)です。JAC名誉会員の中村純二氏とあや夫人ご夫妻に「昨年の国内の旅とカナダ、アラスカの自然」のお話をお願いしております。係;小泉義彦、塩澤厚

★三水会山行

☆山行報告  2月7日(火)~9日(木)、湯沢温泉でのスキー行。
 参加者4名と少なかったのですが、毛無山の霧氷・樹氷群が素晴らしく、目を楽しませてくれました。全員、無事帰宅しました。 係:高橋満男、中村直樹

☆3月山行予報  3月4日(土) 神奈川県、宮が瀬ダム湖北側の南山(544m)行
 小田急本厚木駅改札口付近に8:30am集合、北口8:50発のバスで半原へ、半原―(0.50)―登山道入口―(1:00)―南山(昼食)―(0.30)―権現平―(1:10)―鳥居原ふれあいの館―(バス、約0.45)―JR橋本駅(京王線で新宿までも可)
  装備:早春の日帰りハイキング一式、昼食、飲み物など。地図: 1/25000 上溝(カミミゾ)、青野原(アオノハラ)または、昭文社、「丹沢」。 雨天中止の場合は、参加連絡者に前日中に連絡します。 参加の連絡はtel/fax:0466?25?5599、email:tatsuji-m@ace.ocn.ne.jp,携帯:090-2462?7916、携帯メール: yamaoto-tm354@docomo.ne.jp(SMSも可) 2月28日までに。
  係:増田達治

☆4月山行予報  4月7日(金) 秦野弘法山のお花見
 雨天でなければ鶴巻温泉近くの秦野・弘法山でお花見を致します。参加希望者は、3月例会時に申し込むか、平野幹雄さん(tel:04-2932-2385)にお問い合わせ、お申込みをお願いします。

    東京都千代田区四番町5-4  日本山岳会三水会
        便り担当:平戸、小泉、(文責)塩澤
 

野沢スキー

 投稿者:吉田正隆  投稿日:2017年 2月10日(金)12時44分12秒
返信・引用
  降雪の心配をしながらも今年も2月9日から2泊3日でスキーを楽しんだ。幸い天気は3日のうち2日は晴天とはいかなかったが雪質も良く滑ることができた。東京から飯山まで2時間で新幹線が利用できるようになり東京から野沢温泉まで3時間で行け便利になった。 然し民宿かじや でのスキーは7年以上になるが参加人員は年々少なくなつてしまつた。今年の参加者は4人 中村直樹  高橋満夫 村山祐  吉田正隆 でした。  

レンタル掲示板
/30