投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


沖縄発 瓦礫問題陳情書

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月16日(金)00時27分38秒
  全国の自治体の県知事、市長、議会宛に流用、編集できるようにUPできておりますので、
みなさまご活用ください。

瓦礫の広域処理の問題点を認識し、
沖縄県独自の被災地支援ビジョン策定を求める陳情書
http://yushi.rederio.org/gareki

こちらは沖縄県で行われるがれき問題の学習会ちらし文面です
http://yushi.rederio.org/
 

国・東電を集団告訴へ

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月15日(木)21時34分15秒
  福島第一原発事故、集団告訴へ…国・東電を

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120315-OYT1T00396.htm


 

放射能がれき受け入れに、後援者の意向を入れて突き進む林市長

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月15日(木)20時23分37秒
  ● 徳島県の見解 投稿者:命の母A さま

それでも林市長はダンスダンスダンスとばかりに踊って
放射能がれきの受け入れを準備中です。

市民に対して、きちんとした説明もなしに、
盛んに「放射能瓦礫受け入れ」へと突き進みます。

その結果がどうなっていくのか、
10年20年後の「癌患者の発生」を見なければわからない・・
それでよいのか!?

わたしはよくないことだと思います。

 

徳島県の見解

 投稿者:命の母A  投稿日:2012年 3月15日(木)16時27分44秒
  瓦礫についての徳島県の見解

http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652

日本のインチキめいた基準ではなく低レベルの放射性廃棄物として
瓦礫が国際的には安全ではないため受け入れないということ、
そして国の責任を県に押し付けるなということを
きっぱり、はっきり言ってます。
なんだか説明もできないうちに受け入れしちゃいそうな
シロウトさんみたいな黒岩知事、林市長とは大違い。
見習ってほしい。
こんなトップで神奈川県民、横浜市民は不幸ですね。
(これをよくふまえて次の選挙ではだれがふさわしいか投票すべきです、
少なくともこの2人にはなってほしくない)

今の国の政策は手に負えなくなると県や市に(児童手当もしかり)
または一般企業に事実上押し付けるように思えます。

処理場は現地に作ればよろし。
 

林市長は放射能がれきを受け入れる考えを示した。

 投稿者:M機関・諏訪  投稿日:2012年 3月15日(木)16時17分16秒
  ● 横浜市長・・放射能がれき受け入れの方向固める

林市長は、黒岩知事等との連携のもと、国の最終判断(何の判断か不明)をまって
放射能がれきの横浜受入れを決断すると新聞記者に語った。

今日現在横浜市の議会には、
全くこの間にこの問題につき、市長からは何の説明もないとのことである。
 

助け合うのは大事だが・・・「放射能がれき」受け入れは難しい

 投稿者:M機関  投稿日:2012年 3月15日(木)08時35分57秒
  ● 奈良県知事の昨日の会見

会見で荒井知事は、被災地のがれきについて放射能汚染や安全性に関する情報が少ないと
し、「助け合いは大事だが、怖がるのは当然のことだと思う。放射能汚染の危険性につい
て、住民を説得できる材料を国からもらわねばならない」と述べた。
 

国家国民の災難をも商売にするか!嘆かわしい現実

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月14日(水)21時47分51秒
  ● 国策(陰謀)瓦礫拡散  投稿者:パイナップル さま

よこはまでも、放射能汚泥の保管に「コンテナ」を使っておりますが
そのコンテナ借り入れを高額な随意契約で行なっているなどと、投書がきております。

何かへんなことが行なわれております。
国難を商売にする者が跋扈しているのは、情けないことです。

 

国策(陰謀)瓦礫拡散 

 投稿者:パイナップル  投稿日:2012年 3月14日(水)20時25分42秒
  震災と瓦礫と広域処理。その隠されていた事実

http://mousou-meisou.blogspot.com/2012/03/blog-post.html

★小泉進次郎!・・・聞くだけ、見るだけ、むかむかしてくる。


笑止千万!「みんなの力で瓦礫処理」・・・昨日「時事問題」につけたもの

http://blogos.com/article/33513/
 

「利権がらみ以外」に 税金を青天井に使って全国に運び出す必要等、考えられない事

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月14日(水)15時43分5秒
  ● (無題) 投稿者:横浜ママさま

貴方の応援があればこそ、正論を発信続けられます。
これからもよろしくお願いいたします。

● 昨年11月の時点で被災3県のがれき撤去率9割に(仮置き場への搬入率)宮城99%、
  岩手92%、福島55% 投稿者:戸谷真理子さま

きっと、そういうことだと思います。

立ち入り禁止区域の土地を買い上げるか借り上げて、その場所に、全部の放射能がれきの内
燃える物を集積して、そののちに、焼却場を建設し、地元に雇用を創出しつつ焼却する事
がすべての早道であり解決の道です。

こんなことがなぜわからないのか疑問です。
「利権がらみ以外」に 税金を青天井に使って全国に運び出す必要等、考えられない事です。
 

野田首相、自治体支援という発言の矛盾

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月14日(水)09時27分3秒
  野田首相の自治体支援についての発言から
受け取ることができる真実を
田中康夫氏が明快に切っております。

がれき受け入れが自治体にとって不利益を被るものである

首相自ら上記を明らかにしている発言、
自治体トップはどう解釈しているのでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/8651e0e0da5726e52da5981ff62414bb

*************

もはや理解不能な領域に達した感のある野田佳彦が、出演したTV番組の中で「がれきの受け入れを検討している自治体に対する国の財政支援」をチラつかせる発言を行ったようである。

この野田発言は「がれき受け入れが自治体にとって不利益を被るものである」ということを認めたも同然であるという意味で重大であろう。

何故なら、これまで政府も、石原バカ都知事・橋下徹市長等の一部自治体の首長も、新聞・テレビも、「絆」や「痛みをわかちあう」といった美辞麗句を並び立てて、「何の危険もないがれきを拒否するのはおかしい」としてきたことを否定するものだからである。

そして上記記事をみて最も論理矛盾している点は、
「被災地のがれきを引き受けるわけだから、処分場の拡充や新たに処分場を建設するということも出てくる。その財政的な負担をこれからは国がしていく」
という野田発言である。

新たに処分場を作るのであれば、それこそ被災地に建設して、多大な被害を被った地元にがれき処理にかかるカネを落とすようにするのが本筋であろう。

疲弊した地元に雇用を創出し、処分にかかるカネが地元に落ちるという点で、これ以上の震災復興策がどこにあるというのであろうか?

にもかかわらず、何故、わざわざ他の自治体に汚染瓦礫を請け負わすのか?

それは、汚染瓦礫の受け入れが”ボロイ””美味しい”からである。
現時点で汚染瓦礫の受け入れを表明・実施している自治体の首長は、例外なく”カネ目的”と断じてよいであろう。

即ち、政府による”プレミア”の乗った「瓦礫処理コスト」はそれだけ”旨み”が多いということである。
結局のところ、「汚染瓦礫処理問題」などは”美しい助け合い”でも何でもなく、財政の逼迫した自治体がカネ欲しさに蠢いているだけである。

その本質に気づかないまま同問題の是非をどうのこうの言う論調自体が、如何に的外れであるかを我々国民はしっかり認識すべきであろう。
 

昨年11月の時点で被災3県のがれき撤去率9割に(仮置き場への搬入率)宮城99%、岩手92%、福島55%

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月14日(水)08時13分23秒
  昨年11月の時点で被災3県のがれき撤去率9割に(仮置き場への搬入率)宮城99%、岩手92%、福島55%
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/357.html

戸羽太・陸前高田市長、伊達勝身・岩泉町長、両名の“慧眼”発言

「現行の処理場のキャパシティーを考えれば、全ての瓦礫が片付くまでに3年は掛かる。そこで陸前高田市内に瓦礫処理専門のプラントを作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る。国と県に相談したら、門前払いで断られました」。

「現場からは納得出来ない事が多々有る。山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?」。
 

(無題)

 投稿者:横浜ママ  投稿日:2012年 3月14日(水)06時54分4秒
  太田先生の確固たるご姿勢・お考えに、改めて敬服いたします。  

そうです。おっしゃる通りです

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月13日(火)17時50分55秒
  ● どう思われますか 投稿者:大田さんがんばれ さま

おっしゃる通りです。

国民の命を守るために
「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」があります

ご都合で、勝手に行政対応を変えてはなりません。

政府や首長が、情緒的な「絆」を持ち出したり、「放射能汚染地区の食物を食べて応援」
等と言ってはならないのです。
食品の放射能摂取基準を500ベクレル以下としたり、40以下としたり、
勝手に変えて、国民の生命をもてあそんではなりません。
 

どう思われますか

 投稿者:大田さんがんばれ  投稿日:2012年 3月13日(火)16時12分53秒
  「人が住めない地域」になってしまった

「福島県」や「茨城県」、「宮城県」、の、東北道より海岸側

ここを復興して人を住まそう!とするのが、

そもそもの間違いなのです。

汚染されたものは、かためて隔離して置く

のが公衆衛生の定石。

伝染病なら「伝染病予防法」があるから、

病人の自由を停止しても「隔離」することができる。


病院で出た、もしかしたら感染するかも?という「感染性廃棄物」は、

廃棄物業者が回収し、産廃業者が焼却処理し、

焼却処理したことを証明する伝票(マニュフェスト)の保管が、

廃棄物を出した医療機関に義務付けられている。


放射性廃棄物だって、

「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」において

「放射線を出す物質を放射性物質とする。」とあり、その放射線の強さは、

「平成十二年科学技術庁告示第五号(放射線を放出する同位元素の数量等)」において

「濃度については七十四ベクレル毎グラムとする。ただし、自然に賦存する放射線を放出する同位元素及びその化合物並びにこれらの含有物で固体状のものに係る濃度については、三百七十ベクレル毎グラムとする。 」

つまり、

1時間あたり、370ベクレル以上の放射線を発する「物質」は、「放射性物質」

と、定義してあるのだから、

「放射性がれき」は↓に従って廃棄処理しなくちゃいけない。

「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」施行規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03101000056.html
(廃棄の基準等)
第十九条
2  許可届出使用者及び許可廃棄業者は、放射性同位元素又は放射性同位元素によつて汚染された物を工場又は事業所の外において廃棄する場合においては、文部科学省令で定める技術上の基準に従つて放射線障害の防止のために必要な措置を講じなければならない。

(廃棄の基準)
第十九条
十三  固体状の放射性同位元素等は、次に掲げるいずれかの方法により廃棄すること。
イ 焼却炉において焼却すること。
ロ 容器に封入し、又は固型化処理設備においてコンクリートその他の固型化材料により容器に固型化して保管廃棄設備において保管廃棄すること。
ハ 第十四条の十一第一項第八号ハただし書に該当する場合には、保管廃棄設備において保管廃棄すること。
ニ 陽電子断層撮影用放射性同位元素又は陽電子断層撮影用放射性同位元素によつて汚染された物(以下「陽電子断層撮影用放射性同位元素等」という。)については、当該陽電子断層撮影用放射性同位元素等以外の物が混入し、又は付着しないように封及び表示をし、当該陽電子断層撮影用放射性同位元素の原子の数が一を下回ることが確実な期間として文部科学大臣が定める期間を超えて管理区域内において保管廃棄すること。
ホ 廃棄物埋設を行うこと(廃棄物埋設に係る許可を受けた許可廃棄業者に限る。)。

十四  第十一号の規定は、前号イの方法による廃棄について準用する。

第十一号の規定
十一  第四号ハの方法により廃棄する場合において、液体状の放射性同位元素等を焼却した後その残渣を焼却炉から搬出する作業は、廃棄作業室において行うこと。

第四号ハとは
四  液体状の放射性同位元素等は、次に掲げるいずれかの方法により廃棄すること。
イ 排水設備において、浄化し、又は排水すること。
ロ 容器に封入し、又は固型化処理設備においてコンクリートその他の固型化材料により容器に固型化して保管廃棄設備において保管廃棄すること。
ハ 焼却炉において焼却すること。

放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則
(廃棄施設の基準)
第十四条の十一
六  放射性同位元素等を焼却する場合には、次に定めるところにより、焼却炉を設けるほか、第四号の基準に適合する排気設備、第十四条の七第一項第四号の基準に適合する廃棄作業室及び同項第五号の基準に適合する汚染検査室を設けること。
イ 焼却炉は、気体が漏れにくく、かつ、灰が飛散しにくい構造とすること。
ロ 焼却炉は、排気設備に連結された構造とすること。
ハ 焼却炉の焼却残渣の搬出口は、廃棄作業室に連結すること。

第四号の基準に適合する排気設備

第十四条の七第一項第四号
四  密封されていない放射性同位元素の使用をする場合には、次に定めるところにより、作業室を設けること。(←の作業室が、廃棄作業室だ。)
イ 作業室の内部の壁、床その他放射性同位元素によつて汚染されるおそれのある部分は、突起物、くぼみ及び仕上材の目地等のすきまの少ない構造とすること。
ロ 作業室の内部の壁、床その他放射性同位元素によつて汚染されるおそれのある部分の表面は、平滑であり、気体又は液体が浸透しにくく、かつ、腐食しにくい材料で仕上げること。
ハ 作業室に設けるフード、グローブボックス等の気体状の放射性同位元素等の広がりを防止する装置は、排気設備に連結すること。



法を改正していない限り、その法律の範囲内で処理しなくちゃ、法治国家ではない。

一般焼却炉は↑の要件を満たしていないから、

一般焼却炉での「放射線廃棄物」の焼却は違法である!と

主張すべきなんだわなぁ(笑)

とくに橋下さんは法律家なんだから、法律化が違法をしたら、法曹免許の剥奪だもん。


 

放射能はあびないことに越したことはないのです。一億総被曝は避けなければなりません。国家の将来のためです。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月13日(火)09時13分5秒
  ● 発ガンリスク 投稿者:横浜人さま
● 大丈夫報道に気をつけて 投稿者:関西人さま

国家が主導して「これくらいは大丈夫」という「放射能拡散」を推奨しているのは納得
行きません。
放射能がれきの処分を、全国への焼却処分だけに頼ろうとする考えに、疑問を持ちます。

日本中が、放射能に汚染される危険がなくならない限り、私は反対です。

政府の主導で首長によっては実施に踏み切るでしょう。
万が一の責任はだれも取らないし、万が一のことが起きたら「未曾有・想定を超えた」
とか、きっと言い張るに違いないのです。

科学的なしっかりとした検証がなされて、
安全が確認できない限り、横浜で、焼却してはなりません。
 

大丈夫報道に気をつけて

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月13日(火)07時52分53秒
  東京大学と科学技術振興機構の共同発表「飲食物由来の放射性ヨウ素およびセシウムによる東京都民への曝露量と発ガンリスクの推定」は、厚生労働省や東京都健康安全センターによって公表されたデータを基に、大胆に種々の仮定を設けて計算してみたもののようです。
通常、社会に影響を与えるような計算の結果はまず学会で発表され、色々な批判を受けて、再検討した上で発表されるものですが、そのような手順を踏まれたものなのでしょうか?
呼吸に伴う空気中の放射性物質吸引による内部被曝が考慮されていない、飲食物からの内部被曝だけの計算ですし、大丈夫報道(発ガンリスクは自然界に存在するカリウム40より小さい)には気をつけていただきたいと思います。
 

発ガンリスク

 投稿者:横浜人  投稿日:2012年 3月12日(月)23時40分14秒
  政治社会人..このエントリーをはてなブックマークに追加Facebookmixiチェック
.ベンゼンより高影響=内部被ばく推計、東京の発がんリスク―東大


 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素やセシウムが体内に取り込まれる内部被ばくについて、東京都内で1年間暮らした場合、発がんリスクは大気中の有害物質ベンゼンより高いが、自然界に存在するカリウム40よりは小さいとする推計結果を、東京大の村上道夫特任講師(都市環境工学)が12日発表した。
 村上講師は、厚生労働省や東京都が公表している水道水や乳製品、野菜などの放射性物質濃度を基に、原発事故後の昨年3月21日から1年間の内部被ばく線量を推計した。食品の出荷制限や乳児用の飲料水配布などで低減された分は差し引いた。
 その結果、成人の内部被ばく線量は年18マイクロシーベルト、5歳の幼児は42マイクロシーベルト、1歳未満の乳児は48マイクロシーベルトと推計された。子どもの方が甲状腺にヨウ素が蓄積されやすいことなどから、数値が高くなるという。放射線医学総合研究所によると、日本人が自然界から受ける放射線量は、年平均約1500マイクロシーベルト。
 

私はカジノに大反対

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月12日(月)18時12分57秒
  ● ストロンチウム気化の件について 投稿者:戸谷真理子さま

はい!・・明日、資源循環局等に聞きただしてご報告いたします

● カジノ 投稿者:tacchyさま

カジノ特区を設けるという具体策をもって提案している人もあります。
あの「製紙会社の会長の体たらく」を見ても明らかでしょう・・身を滅ぼす元です。。

そういうもので金を稼いではなりません
貧乏しても、親子が笑って過ごせるように、勝負事はやめていただきたいです。

花月園競輪だって、横浜市は大赤字でした。
勝負事も、あまり大きい当たりくじ(スパージャンボ)も
10億だとか20億だとかにして、射幸心をあおってはならないことです。

tacchyさま・・ごめんなさい…私はカジノに大反対です。
 

カジノ

 投稿者:tacchy  投稿日:2012年 3月12日(月)11時53分11秒
  太田先生、原発関連ではご活躍ご苦労様ですありがとうございます。
みんな市民は太田先生を頼りにしてます。

ちょっと掲示板の趣旨が違う話題でていて反応してしまうのですが、趣旨ずれならほかの掲示板に移動します。
先生はカジノご反対なんですね。
私は、外国人客誘致と雇用の莫大な創出、そして市の収入で、カジノ賛成です。
もし、先生が懸念されるように、市民が入り浸って財産を無くすのを心配するのであれば、米軍キャンプのように、一般日本人市民は出入り禁止か制限付きにすればいいとおもうのですが。
横浜だと競輪:花月園がありますね、私は勝てないギャンブルはやらないのですが色んなレースはF1から大好きなので、前は何度かいってました。私個人は賭けないですが、張っている人たちをみると、あれ開催が平日に結構あるのもあるからか、ご老人が年金の範囲内で100円単位で買っているのが殆どです。ご老人に趣味は大事だし、彼らなら破産する心配もないですよ。
問題なのは、関内に、警察もつかんでいる違法カジノが一杯あって、そこでギャンブル好きが大金使っていることじゃないでしょうか。
警察は概要をしっていても、滅多に摘発しないし、摘発するときは情報漏れて、一部しかつかまりません。
違法カジノだけじゃなく、違法ポーカー喫茶、横浜に乱立していますよね。
こういう違法は絶対悪だと思うのです。
しかし、県警捜査2課もヤクザとツーカーなんでしょうか?
問題にしてほしいのは、この類の違法ギャンブルです。
私のおじいさんもだいぶ磯子区・中区の不動産をギャンブルで失ってますが、やくざ主催のサイコロ賭博とか本引きですよね・・・・
・・・ヤクザや違法賭博は憎いです・・・

合法ギャンブルは賛成です・・・
 

ストロンチウム気化の件について

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月12日(月)11時00分46秒
  太田様、いつもお世話になりありがとうございます。

焼却灰をスラグ化するさい、ストロンチウムも気化する温度になるわけですが、
既存の炉で、ストロンチウムは取り除けるのか、
検査をしないのか、ぜひ横浜市にご確認をお願いしたく
よろしくお願い申し上げます。
 

歴史が教えてくれるもの

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月10日(土)18時17分14秒
  ● 歴史に学べ・・この道はいつか来た道 投稿者:母親 さま

そうです・・歴史に学べです。

一方には、歴史に学んでその手法をまねて、テレビなどに出たりそれを利用して
大衆を付和雷同させようとするものがおります。

一兆円の借金を減らしたとか、6000人の職員を減らしたとか、Y150は大成功だとか・・
嘘八百をテレビで喧伝して、実態を知らない大阪で、類は友を呼ぶ式に群れを作って,
我田引水、国家国民を欺かんとするものもおります。

宣伝媒体は凶器にも・・ひどいものは原子爆弾にもなって人類に害を及ぼします。。

私は、母親様の教えの通り、これからも歴史学んで、立派な市会議員になっていきたいです。
 

歴史に学べ・・この道はいつか来た道

 投稿者:母親  投稿日:2012年 3月10日(土)16時57分19秒
  先生、ゲッペルスというナチの宣伝相のことを教えていただきありがとうございました。
不勉強で知りませんでした。、調べてみると先生のおっしゃる通りマスコミはゲッペルスの手法を使っているようです。曰く

「大衆の操作は簡単である、近隣諸国は常に脅威であると言い続け、平和主義者は愛国者の敵と言えば良い」

http://maiko.cocolog-nifty.com/kuma/2010/05/post-b527.html

国防は難しい問題ですが、どんな分野のことでも私たちはマスコミの言うことを鵜呑みにしないで、
太田先生のように歴史を検証し、疑問を徹底的に調べ、冷静に考えていかなければと思いました。

それにしても憲法という国家権力の暴走から国民を守る仕組みを簡単に否定する橋下氏には疑問を感じます。


 

時代が変わってしまうのか

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月10日(土)15時18分25秒
  ● やめてほしい、腐った党とハイハイ首長 投稿者:おせっかい さま

県知事も市長も、自分を支えてくれる「献金集団」の利益の為に、市民県民を「売る」
つもりと見えます。

● ゴミや下水汚泥の処分過程で、放射性セシウム以外にもストロンチウムが気化する。
  投稿者:戸谷真理子さま

貴重な情報をありがとうございます。

● テレビの影響力に気をつけて 投稿者:関西人さま

宣伝は政治権力を握って国民を支配するに有効な手段です。
ナチの宣伝相のゲッペルスの事を思い出しました。

なにか「危ういもの」を感じております。



● 瓦礫受け入れと憲法9条 投稿者:母親さま

そういうことですか
勇ましいですが違和感のあるお考えです・ご自分をヒットラーにたとえているのかもしれません。
第1次大戦後の政治状況に似ている日本には、おあつらえ向きの「とっぴな」政治家の出現
であり政治的発言です
このままでは、時代が変調をきたすのではないか・・そういう予感がします。

 

テレビの影響力に気をつけて

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月10日(土)12時33分51秒
   インターネットが普及しても日本ではテレビは依然として人々に影響力を与える最大のメディアです。
 ほんの数年前まで弁護士資格のあるお笑いタレントにしか過ぎなかった橋下氏も今では日本の首相の座を狙うまでの政治家になっています。政治家に転向した今でも関西のテレビ各局はこれでもか、これでもか、これでも橋下信者にならないかと言わんばかりに争って報道しています。
 しかし、彼がどんな人物なのか彼がやってきたこと、主張していることを見ればわかります。平成21年4月の大阪府立大学入学式における祝辞(権力者意識丸出しで祝辞と呼べるものではなかった)、君が代条例、基本教育条例、大阪都構想、関西広域連合→道州制、首長と国会議員の兼任、首相公選制、憲法九条の撤廃、職員の思想調査、府・市職員の給料カットと瓦礫受け入れに伴う補助金獲得→カジノ建設など数えあげるときりがありません。
 大阪学生維新の会のツイッターに、予算はかぎられているのだから、老人のための福祉予算を減らし、若い人のための予算をふやすと言って若い学生を扇動することも忘れません。それに対して、愚かな学生が「俺達のことを考えてくれている。政治意識が高まる~。」などと返しています。学生達はいつまで若いままでいられると思っているのでしょうか?
 彼が本当に目指しているもの、それは彼自身が公言しているように独裁(日本の独裁的支配)であるのは明らかです。
 現在、彼は暴力団のための施設であるカジノ建設に向け、補助金を手に入れるべくなにがなんでも瓦礫受け入れを実現するつもりです。大阪の人々が放射能によって生命、健康を失うことなど、彼にとっては考慮に値しないことなのでしょう。
 

瓦礫受け入れと憲法9条

 投稿者:母親  投稿日:2012年 3月10日(土)09時38分40秒
  橋下市長が「瓦礫受け入れが進まないのは憲法9条のせいだ」と言っているのは事実です。
理由は平和を自ら努力せずに享受できるという考え方の根本が9条だからだそうです。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120305-913206.html

 

ゴミや下水汚泥の処分過程で、放射性セシウム以外にもストロンチウムが気化する。

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月 9日(金)22時34分45秒
  ゴミや下水汚泥の処分過程で、放射性セシウム以外にもストロンチウムが気化する。
http://portirland.blogspot.com/2012/03/blog-post_6692.html

深刻な問題です。
 

やめてほしい、腐った党とハイハイ首長

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月 9日(金)20時26分58秒
  東京新聞に変えてしまったので
「みんなの力で瓦礫処理」の広告は見ていない。

でも、田中康夫氏のブログ記事を読んで
もう民主党には心底うんざり。

その党が配備した政府にハイハイうなずくだけの
首長らにもやめてほしい。

みんなの力で瓦礫処理(田中康夫)

・・・・・・・

これぞ産廃利権! 仙谷由人氏と共に東電から献金を受け(朝日新聞1面既報)、父君が北関東の産廃業界で重鎮の枝野幸男氏、同じく東電が重用する細野豪志氏に「李下に冠を正さず」の警句を捧げねば、と僕が慨嘆する所以です。

「復興を進めるために、乗り越えなければならない『壁』がある。」と件の全面広告には大書きされています。呵々。乗り越えるべき「壁」は、「業界の利権が第一。」と信じて疑わぬ「政治主導」の胡散臭さではありますまいか?!


以上、一部抜粋。(全文は下記をクリック)

http://blogos.com/article/33513/
 

カジノには反対です。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 9日(金)14時02分53秒
  ● がれき受け入れについて医師の立場からの意見書 投稿者:母親 さま
● お医者様だけにお任せできる問題ではないと思います 投稿者:関西人さま

母親様ご指摘のように・・医師の立場でご反対いただくのは当然です。
政府は安直過ぎます。
将来の被害を確実に予測するのは難しい現状のなかで、
国民が健康上のリスクを負わない政策が求められています。

何で憲法9条なのか・・・お聞きしたい気持ちです。

関西人さま
私はカジノ産業の誘致には反対です。
横浜でも、財政上の理由によって「カジノ導入」を叫ぶ者もおります。

勝負事で人生を誤るものが多くあります。
公序良俗を破壊し、家庭を奈落に落とす「かけごと」を、公の立場で主催するなど、
とんでもないことです。
やってはなりません

競輪競馬も、公的立場でやってはいけないし、宝くじも、これ以上の高額当選金を定めて
射幸心を刺激してはならないと思っています。
 

みんなの力がれき処理プロジェクト

 投稿者:M機関情報・諏訪  投稿日:2012年 3月 9日(金)13時48分47秒
  ● 県知事主催の「みんなの力がれき処理プロジェクト」

本日よる開催されるこの会の発起人に林市長が名を連ねているが
横浜市は今後、放射能がれき処理に積極的に取り組むとされる

すでに放射能汚泥の保管についても、林市長に高額献金を行っている港の企業主体に
汚泥用のコンテナを随意契約で発注し、年間七億円もの保管用コンテナ使用料を支払う
など不可解な市長の行動が話題となっており、今後も林市長の行動には目が離せない
ところである。
 

お医者様だけにお任せできる問題ではないと思います

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 8日(木)22時28分1秒
  私は、橋下大阪市長、松井大阪府知事に対し放射能の危険性を指摘し、瓦礫受け入れに反対された勇気ある医師の方々に敬意を表するものです。
しかしながら、放射能の問題は医師の方々だけにお任せできる問題ではないと思います。
その1つの理由は、この医師の方々も意見書の中で「被爆の人体への統計学的データが不足している」と述べておられるように、医師であっても良くわかってはいないのです(このことは広く知られている事です)。そうであっても、意見書にあるように「統計学的データを待っていたら何百万人という犠牲者を出してしまう」というのは真実だと思います(チェルリブイリ原発事故では大勢の子供達に小児甲状腺癌が発生しています)。だからこその瓦礫受け入れ反対なのだと理解しています。
2番目はこの医師の方々が意見書の中で焼却施設の脱煙設備であるバクフィルターはザルのようなものなので焼却炉で気化した放射性物質を捕捉できないと述べられているように医学以外の分野も関係するからです。実際に焼却炉をでた放射性物質がどのような形態なのか実験が行われたことはないので、はっきりとはわかりませんが、焼却炉のすぐ後に急速冷却装置があるのでバクフィルターの前では代表的放射性物質の1つであるセシウムは沸点671℃より低い温度(200℃弱)になって気体ではなく霧(液体)になっている可能性が高い(そうであってもバグフィルターを通過してしまう)と思います。
 このように、放射能の問題を解決するにはいろいろな分野の人達が協力しあって行く必要があります。

なお、焼却施設での放射性物質の濃度測定方法に疑問があるとの指摘がなかったこと、瓦礫の焼却を考えると空気中の放射性物質の吸引(気管支、肺に入る)による内部被爆の記述が少なかったことが意見書を見て残念に思われました。

最後に独裁を目指すと公言されている橋下市長ですが、カジノ建設に全力を尽くすつもりのようですので、国からもらえる補助金目当てになんとしても瓦礫受け入れを実現したいようです。
 

がれき受け入れについて医師の立場からの意見書

 投稿者:母親  投稿日:2012年 3月 8日(木)20時01分46秒
  黒岩知事が瓦礫受け入れが進むように国としての責任の所在を求めていますが、私たちは医学的素人の太鼓判などほしくはありません。
医師の見解はどうなのでしょうか。
こんな記事を見つけました。皆さんご存知かもしれませんが。

がれき受け入れについて医師の立場からの意見書
  「がれき受け入れには反対です」
http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdf

ところで瓦礫受け入れが遅れているのは憲法9条のせいだと言っている橋下大阪市長ってどうなんでしょうか?
 

復興とがれきの処理のはざまで苦しむ国民

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 8日(木)08時40分29秒
  ● 現地でも瓦礫を焼却してはいけない 投稿者:関西人さま
● 安全性の確認もなく広域処理はおかしい 投稿者:関西人さま
● チェルノブィリでは震災瓦礫はなかった 投稿者:関西人さま

ご説の通りかもしれません

現地で燃やす場合でも、排煙排気に放射性物質が含まれないことが条件でしょう。
最新設備の放射能除去装置付きでなければ、焼却してはならないというのが筋だ
と思います。

こうした議論はもちろん政府においても行われているのでしょうが、なぜ全国で
燃やさなければならないのかという説明もないのはいぶかしいことです。

復興と処理のはざまで、みな苦しんでおります。
原発事故を憎みます。
 

チェルノブィリでは震災瓦礫はなかった

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 8日(木)06時16分32秒
   大勢の子供達に小児甲状腺癌を発症させたチェルノブイリ原発事故ですが、日本のように震災で事故が発生したわけではありません。従って、日本のように放射能に汚染された震災瓦礫を焼却するということはありませんでした。
 日本では放射能に汚染された震災瓦礫を放射能を閉じ込める能力のない通常の焼却施設で焼却するという世界で初めてのことを行うわけです。深刻な2次災害が発生する可能性があります。
 

安全性の確認もなく広域処理はおかしい

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 8日(木)05時45分56秒
   国が「災害廃棄物の広域処理」として地方に要請している震災瓦礫の焼却を含めた処理について、当然安全確保のための検討が環境省で行われていなければならないはずですが、環境省のホームページ内を検索しても全く検討された形跡がありませんでした。
 放射性物質の脱煙設備のバグフィルターで除去率99.99%という結果が得られたという資料はありましたが、適用の可否が検討されていないJIS Z 8808「排ガス中のダスト濃度の測定方法」に準拠した測定によるものでした。
 普通の技術者であればバグフィルターというものはある程度以上の大きさのダストを捕捉するためのもので、極小の粒子、霧および気体は捕捉できないので、どういう形態になっているかわからない放射性物質を捕捉できない可能性があることやJIS Z 8808はろ過材で分離できる粒子(ダスト)を測定対象として作成されたもので放射性物質の濃度の測定に適用できない可能性があることは承知しているはずです。これはあまりにもおかしなことです。
 

現地でも瓦礫を焼却してはいけない

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 8日(木)05時28分24秒
   放射能を閉じ込める能力のない通常の焼却施設で放射能に汚染された瓦礫を焼却すれば、地上に落ちた放射性物質を再び空気中に漂わせることになってしまいます。人々が呼吸によって放射性物質を吸引し、内部被爆(気管支や肺に入る)を起こしてしまいます。
これは地面に落ちている放射性物質による外部被爆よりも危険です。放射能に汚染されていない地域だけでなく、放射能に汚染された地域であっても安全性の確認もなく性急に実施すべきではありません。

 補助金という名の税金を全国に放射能を拡散するのに使うのではなく、放射能を閉じ込める性能をもった焼却施設の開発および建設に使うべきです。しかも大至急にです。
大学や民間まかせの開発では予算も限られるし、需要も見通せないので、論文を作成するには良いかもしれませんが、いつまでたっても実用的な技術はできません。
 

宮古市からの報告

 投稿者:M機関情報・石井  投稿日:2012年 3月 7日(水)22時15分35秒
  ● 岩手県宮古市へ派遣したM機関員の話

只今宮古市では日量200トンの放射能がれきを貨車で東京に運んで焼却をしている

又近々に宮古市では臨時の仮設焼却炉が稼動することになっているが、一基あたりの焼却能
力は日量95トンであり、この仮設焼却炉が2台あれば、東京に運ぶ量に匹敵することになリ、
東北各地にこれを作れば、放射能がれきを東京・横浜にもって行く必要はなくなるとの事である。

なお、貨車と船舶の輸送を比較すると、使用するコンテナの機密性や安全性から、
貨車輸送が優位であると宮古市では言っているとの事である

このことから「現地に焼却炉を作ってがれきを処分せよ」と言う
太田議員の主張は正しいものであると考えられる
 

人類の祖先が経験したことがない放射能の被害・汚染

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 7日(水)16時22分33秒
  ● 無知とは恐ろしいものですね 投稿者:Tin さま

有史以来初めて浴びる新種の放射能です。
太陽からも放射線は放出されているんだから大丈夫・・的「説明」は許されません

少しだから構わないという人でも、その少しも避けていただかねばなりません。
その人は良くても、その人の子供が影響を受ける可能性があるのです。

政府が、広島の被ばく2世・3世についても、放射能被害追跡調査をしていることを
見ても、放射能がいかに恐ろしいものであることかがわかります。

● 瓦礫に含まれる汚染物質一覧の資料 投稿者:戸谷真理子 さま
● 有毒物質を含む汚染瓦礫焼却 投稿者:戸谷真理子 さま

いろいろのことがわかってきているんですね。
戸谷さんの情報を貴重です・・ありがとうございます
 

有毒物質を含む汚染瓦礫焼却

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月 7日(水)14時29分21秒
 
排ガスの拡散シミュレーション
http://www.city.musashino.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/004/945/15251-4.pdf
出典 武蔵野市
http://www.city.musashino.lg.jp/

これに、さきほど投稿させていただいた資料の3枚目にある数多の化学物質が
含まれてしまう可能性を考えたら身震いいたします。

汚染有毒瓦礫は一般焼却炉では無理です。
 

瓦礫に含まれる汚染物質一覧の資料

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月 7日(水)14時09分31秒
  瓦礫に含まれる汚染物質は放射性物質だけでなく数多あることがわかってきました、
非常に深刻です。

【震災】東北沿岸の化学汚染 ~カドミウム・ヒ素・シアン化合物・六値クロム・ダイオキシン~
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/c0dd7a7fecf4701c240c77341d275687
井上雅義「これが化学汚染の実態だ ボロボロの硬貨 微量でも危険 飲むと激しい嘔吐
 追いつかない検査体制」(「週刊朝日」2011年6月24日号)

瓦礫に含まれる汚染物質の一覧がありました
3枚目に図解で説明があります。これはわかりやすく、衝撃です。
http://www.scribd.com/doc/77696772/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%89%A9%E8%B3%AA%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF-%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%A8%E6%B4%A5%E6%B3%A2%E3%81%AB-%E3%82%88%E3%82%8B%E6%B1%9A%E6%9F%93%E3%81%A8%E9%99%A4%E5%8E%BB

東日本大震災による津波被害地の有害物質排出移動登録(PRTR)届出対象事業所
http://maps.google.com/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=213946148148654482861.0004a0132b97f8a4dc549&z=7

青木泰さんが語る瓦礫焼却の危険性資料
http://gomi54.cocolog-nifty.com/blog/files/120203slowlife.pdf

 

無知とは恐ろしいものですね

 投稿者:Tin  投稿日:2012年 3月 7日(水)11時03分32秒
  今朝、ラジオで読者からのガレキ受け入れに対する投書を
紹介していました。国が示した基準値以下のものなのだから
積極的に受け入れるべきというような内容でした。
昨日の夜も、FM局のDJが被災地の食材を食べて応援などということを発言していて、
将来何か問題が発生したら、こいつらは責任を取れるのか?と
怒りを通り越して、ほとほと呆れました。
この国はどうなってしまうのでしょうか。
 

市長に「市民に対する愛情」が無いときは、市民は最悪な状況に置かれてしまうものです

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 7日(水)06時49分1秒
  おはようございます

● 資源循環局長って 投稿者:3児の父 さま

なにが真実かわからなくなっております。

資源循環局の「安全だ」も、市長が719ベクレルの放射能牛肉を小学生に食べさせて「問題ない」とした類かもしれないのです。
政府や東電の発表だって、嘘と報道されております。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012030690193717.html
http://www.kyoto-np.co.jp/country/article/20111028000140

政府の食品基準も、当初の500べクレル以下から今はその10分の1になっています。

人間の歴史上、自然界から受けていた放射能は「なれ」によって人間の身体は適応しており
ますが、昨今人為的に被曝させられる放射能は「人間なれ」していないから危険なのです
レントゲンだって、それによる被曝がない事に越したことはないのです。

最近、糖尿病患者が急激に増えているのは、戦後この方、食生活が欧米型になったから
といわれています。とくに、日本にハンバーガーが入ってきてからだとも言われています。

日本人の身体は日本食で慣れてきておりましたから、急激な欧米化に身体がついていかれなくて、糖尿病が多発するようになったと、学者が医者が言っております。

それと同じです。市長やその他の幕僚達は、市の広報などで、レントゲンや自然界からも放
射線を受けているから、これくらいはなんでもないと力説しておりますが、長い人間の歴史
の中で、浴びてこなかったセシウムの被曝は避けたほうが良いのに決まっています。
たとえ1ミリシーベルトでも、余計に受けないように気を配るのが正しい行政です。

教育委員会も、林市長の意向を受けたのでしょうか、
年間100ミリシーベルトの放射能を浴びても癌になるという証拠はない・・などと、
小中学生の学校副読本に書いて配って、放射能被害は恐れる必要がないと力説しています。

勿論これは「嘘の説」です。

国の副読本のダイジェスト版として市長が発行した副読本は国の本に書かれていたこととも
違います。
国の本には次の記載がありました

<国の副読本では、「放射線による人体への影響」として>

「国際的な機関である国際放射線防護委員会(ICRP)は、一度の100ミリシーベルトま
で、あるいは、一年間に100ミリシーベルトまでの放射線量を積算値として受けた場合でも、
線量とがんの死亡率との間には比例関係があると考え、達成できる範囲で線量を低く保つよ
う勧告しています」と記載してあります。

また、「ICRPでは、仮に蓄積100ミリシーベルトを1000人が受けたとすると、おおよそ5人が
がんで亡くなる可能性があると試算しています。日本人のうち1000人に300人はがんで亡くな
るとされていますから(放射能汚染で)300人が5人増えて305人ががんで亡くなると計算され
ています」とも言っております。・・・・・・と書かれております。

市長の資源循環局長も、市民の健康に「命をかけて」頂きたいです
それが御両人の「職責」ではないでしょうか

市長に「市民に対する愛情」が無いときは、市民は最悪な状況に置かれてしまうものです。
 

資源循環局長って

 投稿者:3児の父  投稿日:2012年 3月 6日(火)23時51分48秒
  横浜市民や、横浜を含む東京湾で生計を立てている人より、国の基準値の方が
大切なのですね。
となりの市民様の投稿を見てびっくりしました。

国の基準値さえ守られれば市民の健康など、どうでもよいのだということですよね。

放射性物質は薄く拡散させるのではなく、濃くなろうとも固定化することが大事です。

固定化して外部へは飛散も拡散もさせないように管理するのが市民の健康を守る
うえで必要不可欠なことです。

それを国の基準値を超えるからという理由で吸着装置(ゼオライト)の運転を
止めてしまうなどあり得ない話です。

濃度が濃くなりすぎて手に負えなくなったら、放射性物質をちゃんと扱える人
に相談すればよいだけのことです。

世の中には資源循環局長より頭のいい人は少なからずいますから。

役人ですから国の基準値という制度を気にするのは当たり前ですが、その前に
市民や周辺に暮らす人たちの健康と安全を守ることが大前提となるはずですよね。

どこの法律に市民・国民の生命と財産を脅かしてでも国の制度を守るべし、と
書いてあるでしょうか?
 

江戸前のすしが食べられなくなるようではいけません・・井上議員の調査・発言にご注目です

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 6日(火)15時12分24秒
  ● 井上さくら市議より。転載【南本牧処分場から、大量のセシウムが垂れ流しにされてい
  る事】 投稿者:となりの市民 さま
● 江戸前寿司は食べられない 投稿者:おせっかいさま

井上議員の活躍によって、悪質な横浜市の放射能対策が暴かれて、白日の下にさらられて
おります。

井上議員の調査は完ぺきで、すべて事実であり、この横浜市の不条理さはどうしたもの
でしょうか

横浜市に厳重に抗議しなければなりません。

現在、無所属の控室には井上・丸岡・太田のの3議員が詰めています。
互いに協力し合って、横浜市を正してまいります。

江戸前のアナゴやアサリの時期になりました。
困ったことになりましたね。
木更津などの漁師さんもきっとお困りです。海苔の収穫の時期にもなってきたというのに・・・

● 子ども達による草むしり再開 投稿者:たんぽぽさま

十分な除染が済んでいるのでしょうか
教育委員会に問い合わせいたしましょう

ご心配をおかけしてすみません・・東電も罪作りです。
政府もまごまごして、どうしようもありません。

除去された汚染土壌も、校内に置きっぱなしになっていたり、対策も不十分で、
腹立たしいです。

 

子ども達による草むしり再開

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2012年 3月 6日(火)12時05分9秒
  以前にも太田議員に相談したことがありますが、その節はお世話になり有り難うございました。

先週、子どもが環境委員会活動で草むしりをしてきたと言うので驚きました。しかも素手で…
学校に測定器が配られ、「測定した結果、大丈夫な数値です。」と言われての活動だったそうです。
昨年、太田議員のご尽力のおかげもあり、わが子の小学校からも「今後、子ども達に草むしりや土いじりはさせません。」との連絡を受け、すっかり安心していたところにこんなにも早く、何の連絡もなく、再開されるとは思ってもみませんでした。
今年度最後の活動であったのですが、来年度はきっと今まで通りの草むしり活動が毎日子ども達によって行われることでしょう。
草木土壌にどれだけ汚染があるかも判らないのに、空間線量だけ測って ”大丈夫”と何の防御もなく子ども達に活動をさせる先生…本当に大丈夫なのでしょうか?
子ども達を守るための線量計配布だと思っていましたが、このように使われてしまうことにかえって不安を感じました。
 

訂正です

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月 6日(火)10時31分24秒
  下記の投稿について、訂正です。

体内に取り組んで → 体内に取り込んで

掲示板を汚してすみません。
 

江戸前寿司は食べられない

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月 6日(火)09時35分45秒
  となりの市民さまの投稿を読んで、驚きました。
できることも、しない…という怠慢。

1億3000万ベクレルを超えるであろうセシウムが
その存在を知りながら
横浜港へ放出されていたなんて。

それは当然東京湾に入り込み、
内海(うちうみ)だから大きく移動せず
湾内の魚介類が体内に取り組んでいますね。きっと。

もう江戸前寿司なんて、食べられない。

日本が暫定的に変えた基準値をクリアしているからといって、
世界につながる海洋に放出して、
国際的に許されるものなのですか?
 

井上さくら市議より。転載【南本牧処分場から、大量のセシウムが垂れ流しにされている事】

 投稿者:となりの市民  投稿日:2012年 3月 6日(火)01時55分26秒
  ※不適切でしたら削除お願いします

> ただ今、横浜市議会は予算審査中。
> 明日は資源循環局の局別審査です。
> がれきやバグフィルター等、聞くべき事の多い局なのですが、
> 無所属の私に与えられた質問時間は5分しか無いため、
> なかなか「議論」するのが難しいのです。
> そんなこともあり、明日は、短時間でも事実として当局の姿勢を問うテーマに絞る事に。
>
> それは、今現在、【南本牧処分場から、大量のセシウムが垂れ流しにされている事】です。
>
> ご存知の通りここへの汚泥焼却灰の埋立は、市民の反対の声で凍結されていますが、
> 家庭ゴミ等の一般廃棄物の焼却灰はずっと投入されています。
>
> 特に水溶性の高い飛灰を水面に入れている所は余りありません。
> (川崎は飛灰をコンテナ保管しています。その他の所、ご存知の方いらしたら教えて下さい。)
> その結果、処分場内の水(内水)にセシウムが溶け出しています。
>
> それを海へ放流する際、浄化装置を通すのですが、これまでの装置では当然、放射性物質が取れないため、
> 昨年、汚泥の件が問題になってから、活性炭を入れていた浄化塔の一部に【ゼオライト】を入れて吸着させる事になりました。
> ところが、これ、一ヶ月足らず通水しただけで止めてしまったのです。
>
> 理由は内水のセシウム濃度が国の基準値以下(これ、原発からの放流水の基準)だからと言うのですが、
> そのゼオライトのセシウム濃度分析を聞いた所、5000ベク/kgとの事。
> ゼオライト塔には5500kgが充填されていたので、通水した26日間だけで、2750万ベクが取れたことになります。
> 逆に言うと通水を止めて以降はそれが海水に放出されていると言う事。
>
> 通水を止めたのが11月2日なのでその後の4ヶ月以上、ざっと1億3000万ベクレルが横浜港へ放出されていた計算で、
> 今もその状態が続いている事になります。
> これは私も最近質問の準備をして初めて気づいたのでした!不覚。
> 通水を再開すべきだと担当者に何度言っても基準値内だから良いのだと言いますので、明日、予算委員会で局長らにこの件をただします。
>
> 通水を止めた本当の理由は、5000ベクレルも吸着してしまい、
> これを続けると市が処分できる8000ベクレルを超えてしまい、処理に困るという事、
> 内水がいかに汚染されているかが如実に分かるのも困るという事、
> など彼らの都合にすぎないと思います。
>
> 濃度を薄めて、国の言う「基準値」以下なら、どんなに大量に拡散しても構わないという神経、その姿勢も大問題だと思っています。
> こんな人たちに瓦礫を扱わせたら本当に大変。
>
> この問題、横浜港を使っている方、釣りやレジャーを楽しんでいる方にも知っていただき、声を上げていただきたいと思い、
> ツイートもしました。
> https://twitter.com/#!/sakuraline
> 拡散願います~
>
> 明日の局別審査、資源循環局は午後2時くらいから。
> 私の質問は最後なので、夕方5時過ぎからです。
> ネット中継もありますので、お時間の許す方はご覧頂ければと思います。
> http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/index.php
>
> 井上さくら
>        横浜市会議員 井上さくら事務所
>
>          〒230-0062
>     横浜市鶴見区豊岡町35-27
>        TEL 045-571-6950
>        FAX    045-571-7020
>         メール  sakuraline@me.com
> ツイッター  http://twitter.com/#!/sakuraline
> HP   http://sakuraline.sakura.ne.jp/index.html

 

立派なお役人は~市民国民の命です

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 5日(月)23時11分21秒
  ● 役人を一方的に批判しないで 投稿者:関西人 さま

そうですね。
お役人にお仕事をしていただかなければ、世の中、一歩も進まないし、よくなりません。

役人こそ、市民国民の命です。
それだけに、滅私奉公していただかねばなりません。

それなのに、己が利益のみを追求して、悪辣な首長に従って、市民国民に仇するものも
少なからずあるのです。
それを監視するために、市会議員がお給料をもらって働いております。

もちろん・・関西人様のおっしゃることはごもっともです。
良い公務員をたくさん増やして働いてもらえば、わたし達の生活はよくなります。
 

役人を一方的に批判しないで

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 5日(月)13時43分56秒
  最近、官僚、公務員、教員を批判する報道に接する機会が多くなっています。
しかし、本当に全員が批判されるべき人達なのでしょうか?
政治の世界を渡るのには長けていても小学生並みの知識しかない首長・政治家を一生懸命支えて行政が滞らないように苦労している方が多いと思います。
どこにだって良い人もいれば、悪い人もいます。
 

了解です

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 5日(月)12時54分26秒
  ● 太田市議 投稿者:近代史さま

ハイ! 十分了解して行動してまいります。
 

太田市議

 投稿者:近代史  投稿日:2012年 3月 5日(月)10時07分33秒
  我が子の通う中学校では…昼休みは、別に15分の時間を設けてあります。
昼食時間が15分です。
中学生の食育は、中学生を持つ保護者に任せてください。

今は、既に実施されている小学校や保育園の給食に全力でお願いします。
保護者だけでは、解決しない問題です。

4月を迎えると…中学校に進学して、お弁当持参になる家庭が喜ぶ一方で…
校長の異動で、お弁当と水筒の持参を認めない校長が赴任するかもしれません。
担任の交代で、理解を示さない担任になるかもしれません。
クラス替えをして、クラスの子の反応が変わるかもしれません。
お弁当持参を続けているお子さんと保護者は、心配な日々を過ごしています。

小学校へ新入学を迎える家庭では、子供の成長に喜ぶ気持ちと共に…
小学校給食の開始に不安な日々を過ごしています。

この1年近く、小学校給食食材の報道がありました。
子供達が被曝を続けていたかもしれない事を重くみてください。
 

嘘を見破って、市民を救わなければ

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 5日(月)08時50分24秒
  おはようございます

● 中学校の給食 投稿者:近代史 さま

ありがとうございます。
以前からご指摘いただいております。
昼食時間が15分しかないというのは異常です

終業時間が早まっているのか、決まった時間内で授業を終わらそうと
詰め込んでいるのか
土曜休みの影響でその様になってしまっているのか
いずれにしても、食後の休みをしっかり取る事だって「食育」だから、
現状は問題だと思います。

詳細に聞きただします。

● 排ガス中の放射性物質の測定方法の疑問 投稿者:関西人さま

情報と分析をありがとうございます。
戸谷様からの・・・焼却工場からの排煙に11パーセント分の
残存放射能が大気中に放出されているのではないかと言う説に
根拠を与える情報でした。

何とか横浜でも焼却したいという市長の希望があれば、
役人は、どんなことをしてもその希望に沿うように、物事をでっち上げたり、
安全神話を作り出したりする物です。

その嘘を見破って、市民を救わなければなりません。
情報を、さらにお寄せください・・・感謝いたします。



 

排ガス中の放射性物質の測定方法の疑問

 投稿者:関西人  投稿日:2012年 3月 4日(日)19時59分39秒
  焼却施設での排ガス中の放射性物質量の測定は、環境省のいろいろな資料の中で記載されているJIS Z 8808「排ガス中のダスト濃度の測定方法」に準拠して行われているはずです。
このJISは排ガス中の放射性物質を前提として作られたものではありません。
代表的放射性物質の1つであるセシウムの沸点は671℃で800℃以上の焼却炉の中で加熱されれば気体になってしまいます。急速冷却されますが、脱煙設備のバグフィルターで捕捉できるような大きな固体の塊になっている保証はなく、一部気体のままであったり、分子レベルの極小の固体のものが存在することも考えられます。
しかしながら、環境省のホームページ内を検索しても、このJISを適用して排ガス中の放射性物質の量を測定することの可否についてきちんと検討した形跡がありません。

また、焼却設備の煙突の先に空間線量計を取り付けて望遠レンズ付きのビデオカメラでその指示値を撮影し、焼却した時と焼却を停止した時の放射線レベルを測定する、あるいは、地上でも空間線量計で放射線レベルを測定し、煙突の先と地上とで放射線レベルを比較すれば、簡便な方法ですが、多量の放射性物質が放出されているかどうかぐらいは判断できると思いますが、実施されたことはないようです。

 

中学校の給食

 投稿者:近代史  投稿日:2012年 3月 4日(日)17時59分4秒
  2児の母Tさんの投稿を見て、思い出しました。

「中学校の昼食時間って、15分しかないんですよ。
 給食の準備をして、片付けていたら、
 食べる時間がどのくらい残るかを考えた事がありますか?
 現況では、無理です。」と言ったら…
みんなの党推薦の市会議員候補がキレてしまいした。

みごと当選したみんなの党のある市議さんは、
公約が思いつかず…『中学校給食』を挙げていたのです。

何十年も実現しないから、
公約が守れなくても大丈夫という計算だったそうです…

『懸案を解決したのちには・・
 将来的には、実施したほうがよいと思っています。』という
太田市議の意見に…私は、全面的に賛成です。
 

それでも「放射能がれき」を燃やすのか

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 3日(土)08時29分26秒
  ● 焼却炉の中で約36%の放射性物質が行方不明になっている。と 投稿者:戸谷真理子さま

すごい発表です。ありがとうございます。
横浜で放射能がれきを焼却したら大気に放射性物質が放出される危惧があります。

この情報が
横浜に、瓦礫受け入れ焼却を表明してその時期をうかがう市長の決断に、
影響を与えればよいと思っております。
 

焼却炉の中で約36%の放射性物質が行方不明になっている。と

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月 2日(金)19時31分43秒
  以下、情報いただきました。

大阪市議会で島田まり議員の質問。焼却炉の中で約36%の放射性物質が行方不明になっている。と言ってる(9ページ)大阪市議会議事録⇒

http://osakasaigaihaikibutu.web.fc2.com/documents/0222osakacityminseihokeniinkai.pdf
資料を配っていただきましたけども、表裏になっておりまして、A4の横型のほうの面を
ごらんいただきたいと思います。公表されましたこの試験測定結果の概要ということで今
見ていただいておりますけれども、この試験は、大田清掃工場と品川清掃工場で行われて
おります。大田清掃工場を例にとると、12月13日から14日にかけて行われており、
放射能濃度については、排ガス、主灰及び飛灰等について測定を行っています。放射能は焼いてもなくならないので、焼却炉に入った放射性物質がどこで捕捉されているのか、最
終的にどこに集まっているのかを把握することが、放射能の安全管理上重要であると考え
まして、大田清掃工場の試験結果をもとに、放射能の物質収支を試算してみました。
お配りしました資料の左側中段の表にストックヤードとございますが、災害廃棄物放射
能濃度は71ベクレル/Kg となっています。物質収支を試算する際の入口側である廃棄物の
放射能濃度はこの71ベクレル/Kg と仮定して試算を行いました。
これは、試験焼却時と通常時の飛灰の放射能濃度を比較すると大差がないことから、東
京二十三区清掃一部事務組合の通常時のごみの放射能濃度と災害廃棄物の放射能濃度が同
程度であると仮定したものでございます。
また、出口側の放射能濃度については資料の右側上段にあります大田清掃工場の放射能
濃度の欄をごらんいただくと、排ガスが ND と、不検出となっており、主灰が99ベクレ
ル/Kg、飛灰が2,440ベクレル/Kg、飛灰処理汚泥が1,537ベクレル/Kg となっており
ます。
資料の裏面に縦型の試算結果を載せておりますが、このデータによりますと、物質収支
の試算の結果は、焼却炉に投入された放射性物質のうち、約36%が行先不明になるとの
結果となりました。真ん中当たりを見ていただいたら、その数字が出てくると思います。
この約36%の放射性物質の行先としては、排ガスへ移行しているか、もしくは焼却炉な
どの設備に残留していることなどが考えられると思います。
排ガスについて考えてみますと、先ほどの資料にある排ガスの放射能濃度の欄をごらん
いただくと、検出限界値が0.97ベクレル/立方メートルとなっており、この値を最大値と
見積もって試算してみたところ、約11%が煙突から排出されている可能性が否定できな
い結果となりました。
 

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 2日(金)09時24分46秒
  ● 横浜 空調洗浄で高放射線量か?  投稿者:パイナップルさま

ちょっと「隙を狙われた」ようです。
空気清浄フイルターの汚染と聞けば、当然だと思うのですが、思い至りませんでした。

● 絆    投稿者:パイナップルさま

絆にも「よい絆と悪い絆」があるんですが…ついつい悪いほうのことを忘れておりました。
悪いきずなは、断ち切らねばなりません。

● 疑問 投稿者:2児の母Tさま

中学校給食については・・
とても・・今の給食の検査体制が不十分なうちは、実施はできないでしょう。

懸案を解決したのちには・・将来的には、実施したほうがよいと思っています。
 

疑問

 投稿者:2児の母T  投稿日:2012年 3月 2日(金)01時39分20秒
  今日横浜市会の録画中継を見てみました。
するといまだに「中学校に給食を」ということを言われている党があり疑問に思いました。
原発事故からもうすぐ1年、小学校の給食の検査も300校以上あるのに、毎日たったの
1校しか検査できていません。
これからやっともっと小さな保育園での検査が行われます。
それなのに中学でどうして給食なんでしょう?
そもそも中学の昼食の時間をご存知でしょうか?たったの15分程度しかありません。
お弁当を食べる時間がそれしかないんです。
また、給食費未払いの家庭もあります。そういった問題を解決せずに推し進めるのは
どうかと思います。

それから、保育園の給食の検査は簡易測定器を使ってとの話がありましたが、
簡易測定器とはどういうものですか?ゲルマニウム測定器ではないようですが・・。

また横浜の放射線対策では空間線量で判断するのは何故ですか?土壌検査をしてほしいのに、空間線量では土壌に何ベクレル放射性物質が含まれているかは判断できないと思うのですが・・。
 

絆   

 投稿者:パイナップル  投稿日:2012年 3月 2日(金)01時27分8秒
  この「絆」も結構分かりやすいです。

https://twitter.com/#!/kingo999/status/170412501945688064/photo/1
 

横浜 空調洗浄で高放射線量か? 

 投稿者:パイナップル  投稿日:2012年 3月 2日(金)01時02分11秒
  横浜市瀬谷区の小学校に隣接する水路の跡地で、通常より高い放射線量が計測された問題で、原発事故の影響で放射性物質が付着した空調システムのフィルターを洗浄した排水が流れ込んだのが原因ではないかと発表されました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120301/t10013419231000.html
 

(無題)

 投稿者:普通の人々  投稿日:2012年 3月 2日(金)00時21分1秒
  >おせっかい様
けっこう明快でいい説明ですよね、それ
 

恐ろしい電波の力

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 1日(木)16時38分42秒
  ● がれきの現場 岩泉町長の談話です。 投稿者:戸谷真理子 さま

広告媒体や電波を持っているものが世の中をその意志の赴くところに誘導していきます。

恐ろしいことですが、ナチが政権を取って、戦争を続けていくのにも電波の力を
有効に使ったものです。

食べて応援は電通ですか・・・よくないことです。
その宣伝のお金はだれが出したのでしょうか

● 貴重な説明だと思うので 投稿者:おせっかい  さま

いや本当に、勉強になります。

放射能に汚染されていなければ、言われなくとも「食べて応援」するものです。
都合のいいことに「絆」を持ち出したり「応援」を持ち出すなど、不愉快でもあります。
 

がれきの現場 岩泉町長の談話です。

 投稿者:戸谷真理子  投稿日:2012年 3月 1日(木)12時47分8秒
  【伊達勝身・岩泉町長】
「現地からは納得できないこと多い」

現場からは納得できないことが多々ある。がれき処理もそうだ。あと2年で片付けるという政府の公約が危ぶまれているというが、無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。
 もともと使ってない土地がいっぱいあり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこにあるのか。
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001202290001 (抜粋)

被災地の現場からの声です。

何が「キズナ」なのでしょうね。

キズナ、について大変わかりやすい動画を発見しました。どうぞご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=Rwv66MYnWDU&feature=player_embedded

なお、「食べて応援」を推進してるのは電通です。事務局が電通本社内。
http://portirland.blogspot.com/2012/02/food-action-nippon.html
 

貴重な説明だと思うので

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 3月 1日(木)09時49分54秒
  やはり下記も貴重な説明だと思うのでご紹介しておきます。

http://takedanet.com/2012/02/post_740a.html

「瓦礫」のトリック…その危険性とトリックを正しく知ろう
 

行動する方はすばらしい

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 3月 1日(木)08時36分22秒
  ● 山本太郎さん講演に行ってきました 投稿者:道の駅さま

ご苦労様でした。行動的ですばらしいですね。いつかくわしいお話を聞かせてください

● (無題) 投稿者:普通の人々さま

ご投稿ありがとうございます。ご意見はとても勉強になりました

 

(無題)

 投稿者:普通の人々  投稿日:2012年 3月 1日(木)03時47分38秒
  パイナップル様
地球温暖化及び二酸化炭素犯人説については異論が山のようにあります。ここで論じるには少し外れるのでやめますが、私は原発を増やす為の、ただの方便ではなかったのかな、と思っています。
私もテレビを持っていないのでよくわかりませんが、そんなに武田先生はテレビに出演されてるのでしょうか?
今、少し検索してみたら
>★<読売テレビ番組>東北の農作物、健康壊す…中部大教授発言
・読売テレビ(本社・大阪市)系列で4日放送された番組で、中部大の武田邦彦教授が
 岩手県一関市の放射線数値を示したうえで「東北の野菜や牛肉を食べたら健康を壊す」
 などと発言したとして、勝部修市長は6日、武田教授に抗議のメールを送ったことを
 明らかにした。
 番組はミヤギテレビが4日午後1時半から放送した「たかじんのそこまで言って委員会」。
 武田教授は子供の質問に専門家が答えるコーナーの中で、放射線量の高い地域として
 一関市を挙げ「今、東北で農作物を生産するのは間違い」などと発言。他の出演者が
>疑問を呈したのに対し、「取り消すつもりはない」と語ったという。

パイナップル様がおっしゃってることもわかりますが、武田先生は彼なりの信じるところに正直にやっているように思いますよ
人の道に外れてるようにも見えません
彼のブログを事故後からざっと目を通されてはいかがでしょうか。

まあそれに、武田先生をどうこう非難するより、あからさまな御用学者をどうにかするほうが先だとも思います。

大分掲示板の趣旨から外れてしまったでしょうか?でしたら申し訳ありません。
 

山本太郎さん講演に行ってきました

 投稿者:道の駅  投稿日:2012年 2月29日(水)21時39分15秒
  27日の横須賀の山本太郎さん講演に行ってきました。
たろさん講演は3回目ですが今回は異色。たろさんが司会役をして、来場者と対話をするという感じでした。熱演を期待した人にはがっかりだったかも。でも好感はもてました。

くだんの司会のSさんは欠席でしたが、この掲示板の影響でしょう。藤野市議が犯罪被害者の支援を打ち出しているのに、順番が変ですものね。たろさんはそのあたりの事情を知りつつ、自ら仕切りを買って出て、混乱を防いだのだと感じました。恐るべし。

藤野さんのブログに打ち上げ風景がアップされていましたが、そこにSさんがいたら被害者はあたまにくるでしょうからね。

それにしても太田さんの講演会のほうが迫力はありますよね。今回の講演会はあれでよかったのかなあー。
 

まったく・・食べて応援できるわけがないでしょうに

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月29日(水)13時01分45秒
  ● 武田先生とテレビ 投稿者:おせっかい さま

どういう発想だたんでしょうか「食べて応援しよう」と、
盛んにテレビでやっておりましたが・・

まったくおかしなことです。
世論操作に、新聞やテレビやラジオを使うのは大本営発表やドイツのゲッペルス宣伝相の
所業で思い起こされることですが・・・今も政府のやり方は同じなんですね

それにくらいついて、食事を与えられ、ステージを高くしてもらえる方もおります。
評論家の評論は評論として、それをしっかりと判断できる目と心が
渡したし国民には必要なんですね

ご投稿ありがとうございます。
 

武田先生とテレビ

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 2月29日(水)10時26分13秒
  まずは、「なぜ武田先生がテレビによく出ていられるのか?」ですが、一般的にはあの賑やかさが「テレビ受けする」ことと、上杉隆氏が指摘していた政府とメディア(記者クラブ)を結託させる官房調査費が、こういう方々にも渡っているということなどが、推測できますね。

あ、これはあくまでも理由があるとすればの推測です。そうでないことを祈ります。

当初は控えめだったテレビや大手新聞なども、世論に押されて、少しずつ脱原発に流れ、反原発の小出先生などもテレビで見られるようになりました。でも、武田先生あたりの方が、原発を動かしたい政府やそれに追従するメディアにとっては都合がいい、「落としどころ」という感じでしょうか?

武田先生は、たしかに「安全な原発推進論者」と言われていますね。でも、もう安全な原発などありえないことは、多くの国民の知るところになりました。

彼がそちらにまた動きはじめたら、その時は総スカンでしょう。

それでも、今年初め、各地の線量が大幅に上がった時、すぐに速報を発してくれたことはありがたかったです。ところが、四号機の燃料プールに何か起こっても逃げるほどにはならない、と書かれていました。それが正しいとは思いません。確かに、彼は「どこかに避難しないで」生きるための知恵を発信してくれているにすぎないでしょう。

私はどの方の書かれたものも、全部信頼できる、全部否定する、というスタンスではないので、役に立ちそうものは取り上げてしまいます。でも、パイナップル様が言いたいこともよくわかります。そういう策略があるのなら、洗脳されないように気をつけていきたいですね。

3月の事故後、横浜も危険だということは私も十分認識しています。大人でも長く暮らすべきでないという情報も真実だと思います。

福島の子どもたちも避難させたい。

ただ現状では、それが出来ない人もいるわけです。介護老人や動物を抱えていたり、経済的に無理だったり。実に困った苦しい現状です。

パイナップル様、貴重な警鐘をありがとうございます。

そうそう、海外の方々は、
食べて支援(eat and support)と政府が言っていることに
びっくりしています。実に、怖ろしいことです。
 

原発廃止のパイナップル様のお考えは正しいし・・つらぬかねばなりません

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月29日(水)06時19分46秒
  ● 一つ不可解なこと  投稿者:パイナップルさま

評論家が
生きて・食っていくのは大変で、
右左上下を見ながら風の行方を追っていかねば生きられません。
身体を張った警醒家なら、時にはのたれ死ぬ覚悟もありましょうが・・
さて、教授の場合はどうなんでしょうか?

包丁は調理に欠かせないけれど、凶器にもなります。
原発だって大いに役立つけれど、このたびのように被害も甚大で、包丁の比ではありません
役に立つからよいというものではないし・・安全だからといっても、実際には安全でなかっ
たのだから、安全なら賛成の前提は崩れて、結局原発廃止となるのだと思います。

国民全ての命を懸けてまで、原発に利益を求める価値はないのです。

 

一つ不可解なこと 

 投稿者:パイナップル  投稿日:2012年 2月29日(水)05時54分51秒
  おせっかい様が仰るように、何もまともな指針も示さない政府の混乱の中、細かな点まで様々な解説指示してくれる武田邦彦氏が、どれだけ多くの親にとって心強いものかは理解出来ます。

ただ、人間には「基本理念」というものがあります。

武田邦彦氏の基本理念は、「原発は安全でなくてはならない(つまり安全なら原発賛成)。」と「「地球温暖化説はまやかしで陰謀である。」

私はまだ「地球温暖化」が一般には論じられない頃から関心を持ち、身近な人にエコロジーの大切さを説いてきました。でもその頃の私は異端視されていました。

今では、「地球温暖化」によって北極や南極の氷が解け始め、遊離した氷の上に取り残された白熊の写真なども紹介され真剣な取り組みが始まっています。

原発については、今回の福島の事故から、安全な原発なんてありえないというのが、原発関連産業の方々以外の認識だと思います。

で、ここでタイトルに書いた点に入ります。

私の疑問点は、「なぜこの人だけはあちこちのテレビに出演し(テレビを持ってないので、参考にYouTubeでいくつか番組を見ました)、堂々と放射線量などを測りながら解説したりできるのだろう?」です。

私はTwitterやネット検索を通し、今福島で、そしてまた関東地方でも、一体何が進行しつつあるのかを追ってきました。あまりの情報量の多さに、一度寝込んだ事さえあります。

それらの情報から、今や東京や横浜などの関東地方さえかなり危ないと認識しています。戸谷真理子さんのように、沖縄などに避難・移住していらっしゃる方々も多いと知っています。関東で暮らすなら、少なくともマスクとゴーグルは必需品ですね。

よく分かりませんが、武田邦彦氏が「一刻も早く子供達を、関東圏から西に避難させなさい!」と仰った事はあるのでしょうか?

様々な事実が隠蔽され、原発被災地の方たちにも一種の緘口令の圧力がかかっている中、なぜ武田邦彦氏だけはテレビでしゃべり続けられるのだろう?

できたら、上の質問に答えて頂けないでしょうか。

「時事問題」のところで書きましたが、現在「原発問題」「原発被害」などについて深く追求すると、穴に落とされ埋められます。

NНKにさえ、原子炉製造メーカーが名を連ね、「ウソをこくな!黙れ!」と圧力がかかりました。

これは私の飛躍した想像かもしれませんが、もしかして、目立ちたがり屋の武田邦彦氏を利用し、ある限度内で「被曝の怖さと予防法」を喋らせ、子供を持つ親たちの不安を鎮静化させ、本当の真の危険からは目を逸らさせるようにする策略ではないかなと・・・。

ネットの世界も真偽が入り混じっているので、きちんとした目で見極めていかなくてはなりませんが、そこで得る情報は、武田邦彦氏の語っている事よりもずっと深刻です。

正直、そういうものと対峙することに相当の疲れを感じ、逃げ出したくもなります。武田邦彦氏がテレビで喋っている事を聞いている方が、ずっと楽だろうとも思ってしまいます。

なおネットにつきましては、ネットで流言を防ぐという建前で政府が「原子力安全規制情報広聴・広報事業」として7000万円で広告代理店は「アサツーディ・ケイ(ADK・東京)」を落札、現在ネットも監視下にあります。

★なぜ、様々な情報が押しつぶされている中、武田邦彦氏だけは好きなだけ言い放題できるのか、推論で結構ですからお答え下さい。

 

(無題)

 投稿者:普通の人々  投稿日:2012年 2月29日(水)02時14分36秒
  武田先生のブログ読む限り、それなりに真っ当なこと言ってると思いますね
死の灰や線量のの危険性に関しては自分も小出先生の方をとりますが
 

それでもありがたかった

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 2月28日(火)21時35分30秒
  パイナップル様

武田先生に対する批判は、ネットでずいぶん読みました。
以前にもパイナップル様がご指摘くださっていたし。

でもね、横浜という放射能汚染地域に暮らす私にとって
彼のブログはありがたかったですよ。

昨年の4月とか5月は横浜も地震がそれは頻繁で不安一杯。
おまけに、まだよくわからない放射能の恐怖。
どう暮らしていけばいいのか、日常的なことがよくわからなくて。

そんな時、良識ある知人に
彼のブログの存在を教えられました。
洗濯とか、布団干し、連休の過ごし方まで、
身近なことを書いてくださっていたのでとても役に立ちました。

少しして、これまた信頼できる友人が
彼のブログのことを教えてくれました。
私も読んで対策しているよって感じで、二人は意気投合。

武田先生はもともと原発擁護派だった…
友人とそんな話になり、何も語らず隠れちゃった人より
自分のできる範囲で教えてくれるのだから、よしとしようと。
人は、過ちを知ったところから、どう生きるかが問題だと。
そんな話をした記憶があります。

どう生活していいか、他に教えてくれる人はいなかったですから、
やはりありがたい存在だったのですよ。

ということで、
こんな考えもありますので、ご参考までに。

http://tetsukenrumba.at.webry.info/201110/article_3.html

ま、私もどちらかと言えば、小出先生派ですけどね。
 

脱原発は正しい物です。このことで、これが立証されました

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月28日(火)19時55分56秒
  ● 福島第1原発事故民間調査委報告書 首都圏3,000万人避難対象との
  最悪のシナリオ明らかに<新聞報道>

そのようなことが起きなくて、不幸中の幸いでしたが、又起こらないとも限らないから、
脱原発を加速しなければなりません

● まだ、武田邦彦ですか!  投稿者:パイナップルさま

評論で食べている人は、いろいろありますね
 

まだ、武田邦彦ですか! 

 投稿者:パイナップル  投稿日:2012年 2月28日(火)15時35分33秒
  武田邦彦・・・ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6

環境問題をバカにする武田邦彦
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20080731/1217508277

武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/kankyou-uso.html

武田邦彦氏は原発推進
http://www.minusionwater.com/takeda.htm
 

現実的選択

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月28日(火)14時07分4秒
  ● 瓦礫問題、二氏の意見 投稿者:おせっかいさま

よいお話をお聞かせくださいました。
放射能瓦礫は、その地域に高性能焼却炉を速やかに建設して現場で処理すべきです。
それまでは、立ち入り禁止区域に集積しておくのも一案です。

復興住宅などは丘の上のがれきのないところに建設するのでしょうし、被災地の再建都市計画も立っていないと聞いておりますから、しゃにむに、横浜で焼却させることはないと思い
ます.

急ぎ最新の焼却施設を現地に建設して、焼却することのほうが現実的だと、
私も思っております。
 

瓦礫問題、二氏の意見

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 2月28日(火)09時37分22秒
  池田こみち環境総合研究所副所長に聞く

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1534.html

武田邦彦氏ブログ 瓦礫処理のウソ:環境省とはなにものか?

http://takedanet.com/2012/02/post_cca7.html

結局、瓦礫処理も……
付け焼刃、場当たり的ってことでしょうね?
 

場当たり的で、泥縄的な危機管理だったそうです・・・

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月28日(火)06時44分49秒
  ● 次々に判明する原発事故後の政府の対応・・・

東京電力福島第1原発事故を調査してきた民間の「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」
(北沢宏一委員長)が27日、菅直人首相(事故発生当時)ら官邸の初動対応を「無用な混乱や
ストレスにより状況を悪化させるリスクを高めた~場当たり的で、泥縄的な危機管理」と指摘する
報告書をまとめたそうです。

政治の誤りによって、多くの犠牲が出たことに、哀しい思いが致します。

● 太田さんの爪の垢をF市議に送ってやってください 投稿者:ロッカー

ロッカー様・・ありがとうございます。これからも頑張ります。

 

太田さんの爪の垢をF市議に送ってやってください

 投稿者:ロッカー  投稿日:2012年 2月27日(月)11時28分2秒
  太田市議はざっくばらんに見えても、律するところを律するから4分の質問にも魂がこもるのです。
同じ市議でもFさんは残念ながらそのあたりが不足しています。ツィッターでうらみつらみをいっているのはどうかと。まずは振り返りがないと太田さんのようにはなれません。
だいたい犯罪被害者支援を活動の柱にすえていながら、謝罪も弁償もしない犯罪加害者を司会に立てようとするから、整合性がとれないのです。

これを縁に、この掲示板を見て、しっかり勉強してください。
 

頑張ります。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月26日(日)19時20分5秒
  ● 4分の質問にも5分の魂 投稿者:ロッカー さま

ありがとうございます。これからも頑張ってまいります。
 

4分の質問にも5分の魂

 投稿者:ロッカー  投稿日:2012年 2月26日(日)13時04分33秒
  たった4分でもできることはあるのですね。多くの議員やジャーナリストに見習ってもらいたい。
Sさん騒動は太田先生には申し訳ないです。
ただ、彼が本気で出直すのであれば、福島に居を構えて子供たちに寄り添うべきです。
交通費をカンパで募って安全地帯の横須賀から行き来するなんて変ですよ。
この掲示板も太田さんの活動の支えでしょう。「民の声新聞」はオープンな展開にして、太田さんに迷惑をかけないようにしてください。
 

27日山本太郎講演のお知らせ

 投稿者:ロッカー  投稿日:2012年 2月26日(日)12時57分57秒
  脱原発市民公開講座
2月27日午後7時から(開場午後6時半)入場料1000円。先着500人
ヨコスカ・ベイサイドポケット(京急汐入駅下車徒歩1分)

山本太郎さん(俳優)講演
横須賀市議の一柳洋さん、藤野英明さん、山城保男さんによるシンポジウム
司会はフリーライターの鈴木博喜さん。

問い合わせは
一柳さん046(866)4561
藤野さん090(3220)9998
山城さん046(828)6686
鈴木さん080(6554)6277
 

ご支援ください

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月26日(日)08時32分27秒
  ● 呆れるばかり 投稿者:怒れる市民 さま

腐った根性の一部「全体の奉仕者」が、横浜市を食い物にして肥大化しています。
中田に続く現市長の下で,エスカレートして、ついに港湾所有の陰謀にまでその触手を
伸ばしております。

今この悪を根絶しなければ、100年後まで、禍根を残すでしょう。

全ての市会議員は、身体を張ってこれを阻止しなければなりません。
命を捨てる覚悟で望まなければなりません。

「怒れる市民さま」・・貴方のご支援が必要です!



 

呆れるばかり

 投稿者:怒れる市民  投稿日:2012年 2月26日(日)01時02分39秒
  数々の市幹部たちの悪行を白日の下に晒していただきありがとうございます。

それにしても、、、公務員ってやり得なんですね。

学校給食費搾取も返金せず、基準値超セシウム牛を子どもたちに食べさせても開き直り、
搾取した港湾料金もそのまま、退職延長までしてのうのうと現職に居座る!

搾取した金でグループごとでも、子どもたちに食材測定器でも購入してほしいです。
十分おつりがきます!

肝心の市長はサッカー、ダンス、野球と枚挙にいとまがないようで。
横浜市に巣食う魑魅魍魎ってこの人達のことですね。
 

とても怖いことに

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月25日(土)13時07分53秒
  ● ガン保険打ち切り 投稿者:うぐいす さま

放射能の被害によってがん患者が増加することが予想されますから、
がん保険をやっていれば保険会社は損します。

撤退は当然でしょう。

そこまで深刻になっているということを考えないといけません。
とても怖いことになっております。

それでも、横浜市長も県知事も、
放射能がれきを受け入れたいと思っている・・何と言うことでしょうか!

うぐいす さま・・貴重な情報をご投稿くださり、ありがとうございます


● ハマの海を想うシンポジウム 投稿者:となりの市民さま

とんでもありません。ちっとも不適切ではありません
いつも情報を・・・・ありがとうございます。
時間が取れたら、伺いたいとお思います。




 

ハマの海を想うシンポジウム

 投稿者:となりの市民  投稿日:2012年 2月25日(土)01時09分12秒
  2/25、東京湾の放射能汚染を考えるシンポジウムが開催されるそうです
https://sites.google.com/site/hamaumi/g-o-m/di1huihengbangshibasushinpojiumu
「ハマの海好きならどなたでも参加OKです!」とのこと。

※不適切でしたら、削除お願いします
 

ガン保険打ち切り

 投稿者:うぐいす  投稿日:2012年 2月24日(金)22時13分11秒
  職場に来た保険のおばさんが言った。

「がん保険に入ってる?
 もうすぐ単品のがん保険は打ち切りになっちゃうから
 入るなら今が最後のチャンスよ」 と

なんでも、国内保険会社に限らず、外資系までもが
近々、がん保険の販売を終了するそうだ。
どうしてもガン保険に入りたいなら、生命保険の特約としてつけるしかないとのこと。

さんざんガン保険をコマーシャルしてきたくせに なぜ??
ガン患者の大量発生は避けられないと予期してのことらしい。
その予期の根拠は紛れもなく、原発事故による放射能汚染。

ここで考えてみる。

今まで、発生率の高い病気や症状に対して保障を得ようとすれば
それに応じた料金設定があった。
年齢に応じたり、病種に応じたり、はたまた契約者の職種に応じたり。
わかりやすいところで言えば、
年齢が上がるほどに死亡率は当然上がるから
契約年齢が高いほど掛け金は高くなる。


そう考えた時、
放射能汚染によって著しくガン患者が増え、
それにより保険会社の負担が膨大となることを予想して
まずは、掛け金の見直しという形で、掛け金が上がるはずだ。

ところが、掛け金の値上げなどはなから通り越し、
一気に、<ガン保険廃止>

人体の健康と、原発事故による放射能との関係は認められない
そんなスタンスをとる、日本という国家があるが、
そんな国家の中で保険会社は
あからさまにガンと放射能を結び付け
更に、
ガンがかなり大きく国民に押し寄せてくると想定した。
放射能がガンを誘発する という決定。そして
ガンを誘発する放射能が、日本の国土を溢れんばかりに覆い始めているとする決定。
この2つの決定が根底となって、
掛け金の値上げでは済まない、さっさと撤退しなければ立ち行かなくなる
そんな判断ゆえの<ガン保険廃止>なのだと思われる。

保険会社がそこまでの判断をするからには、
それなりの情報を得ているのだろう。
国民には心配無いと言いつつ、実際は? ってことの証とも言える。

今回の保険会社の動き、
その動きは一体何を意味するのか?
しっかり向き合わなければいけない。

「保険会社がガン保険の販売を打ち切ったんだってさ」
『これからガン患者がたくさんでてくるだろうから仕方ないねぇ~』
などと納得している場合ではない。
ガン保険打ち切りの意味は、もっと深く、もっと真実に近い。

どうしたら、そのことを周りの人に分かってもらえるのか?
悩むばかりで答えが見つからない
 

許されない天下り法人に対する便宜供与・・癒着を絶て!

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月24日(金)07時03分50秒
  < 重複投稿です >

おはようございます

今日は質問です。

たった4分しか許されない質問時間でも、命を張ってかからなければと思うと、
時間の制約もありますから、あれこれ「持っって行き方」を考えたら、
寝ながら起きているようでした。

● < 本日の質問要旨 >

横浜市には「天下り法人」がたくさんあります。
市の高級幹部が天下って理事長や社長となっており、それらを「食わせる」為に、
癒着し 便宜供与し、市民の税金を食い物にしております。

先日も「文化芸術財団」昨日は「横浜港埠頭公社」の問題が出ましたが、
社会福祉協議会もそうです・・
多くの天下り、又現職公務員が派遣されてその事業に直接従事 しております。

そうしたところには局長経験者が天下るだけでなく、現職局長が役員に納まって、
さらに癒着の度合いを抜き差しならない物にしております。

癒着とは・・ゆえなく市民の税金を使ったり、
その派遣先の利益の為に、本来徴収すべき公租公課を徴収しなかったり
しているということです。

この事実は・・公務員による犯罪です。

市民を裏切り、違法行為を行い、背信行為に走る公務員を林市長は「野放し」にしております。

驚かないでください

林市長は、それを知りながらか・・それらを担当する局長が退職時期を迎えても、退職させず、
任期を延長させて・・・これに悪行を引き続き行なわせているのです。

それを行なっている現職局長の一人は「局の業務はすべて・・おまかせです」と言っているように、
市長は「ダンスダンスダンス」などのイベント開催に夢中で、行政は局長らに放り投げて、
何をやっているのか・やられているのか・・・・全く関心ない有様です。

本日は、たったの4分しか許されない質問ですから、
その・・癒着・便宜供与の一部のみを披瀝して
市民を裏切る行政の悪行を弾劾し、是正させようと、試みたいと思います。

林市長が目覚めれば好し
目覚めなければ、その政治生命を・・市民のために奪わなければなりません。

私の質問は午後5時ごろだと思います。
質問の後、あまりに短い質問時間ですから、
報道関係者に、詳しい事情を、証拠を示して 説明するために、
記者会見を予定しております。
報道機関にその旨を「打電」いたします。

皆様、お時間がございましたら、議場にお運びください。
インターネット中継でもご覧になれます。

太田は、己を捨てて市政にまい進する覚悟です。

そのようなわけで、場合によっては、原稿を作って、棒読みをするかもしれません。
あしからずご了承ください
 

ありがとうございます。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月24日(金)06時53分50秒
  ● 郡山4歳7歳児に甲状腺がんの疑い 投稿者:母親さま

文春を購入してみます。情報をありがとうございます。

● 「わたしの提案」に対する回答 投稿者:宮藤さま

行動してくださって感謝いたします。

大震災が来るかもしれないという状況だから、自らの事として・・云々はご立派ですが
あの瓦礫は震災瓦礫には違いないけれど、放射能汚染物質となっているのですから、
杓子定規にはいかないのです。
そのことを県知事はわかっていないから、市民県民感情を考えずに、受け入れを表明して、
総すかんを食っているのでしょう。

流通しているから安心・・じゃないけれど・県知事の言う100ベクレルだって、
本当かどうかはわかりません。安心できないのです。

ありがとうございます・・・あなたの行動力に感謝いたします。

 

「わたしの提案」に対する回答

 投稿者:宮藤  投稿日:2012年 2月23日(木)19時49分1秒
  神奈川県の「わたしの提案」にて、がれき受け入れ反対の意見を送ったところ、
下記回答がきました。

被災地の復興のためには、金銭的な支援や人的支援など様々な支援が必要ですが、併
せて災害廃棄物の速やかな処理も大きな課題であり、特に大地震の切迫性が指摘され
ている本県においては、自らの課題として受け止め、県民の皆様の理解を得た上で、
災害廃棄物を受け入れ、被災地の復興に全面的に協力していくことが必要と考えてお
ります。
災害廃棄物の受入は、基本的に国が学識経験者等の意見を聴き策定した「東日本大震
災で生じた災害廃棄物の広域処理の推進に係るガイドライン(国ガイドライン)」に
沿って行いますので、住民の方の健康に被害を及ぼす恐れは無いものと考えておりま
す。
受入につきましては、震災前から放射性物質に汚染されたものとして扱う必要がない
とされていた、いわゆるクリアランスレベルの考え方を参考に、1キログラム当たり
100ベクレル以下を受入条件とした上で、広域処理に協力していくこととしたもので
す。この数値は、国際原子力機関(IAEA)の安全指針を参考に、原子力安全委員
会が、人の健康への影響が無視できる放射線量として、1年あたり10マイクロシーベ
ルト以下となるように設定されたものです。

神奈川県環境農政局環境保全部資源循環課長 太田 仁志
 

郡山4歳7歳児に甲状腺がんの疑い

 投稿者:母親  投稿日:2012年 2月23日(木)18時02分26秒
  週刊文春の見出し
>「郡山4歳児と7歳児に甲状腺がんの疑い」医学的にありえない大きさのしこり。山下俊一福島医大副学長は「検査するな」とメールを

気になる見出しです。




 

ありがとうございます

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月23日(木)12時47分5秒
  ● 投稿削除 投稿者:うーんさま

恐れ入ります。まったく「民の声新聞」は存じ上げませんし・・申し訳ありませんが
ご堪忍ください。何かありましたら情報はメールでお願いいたします。
 

ありがとうございます。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月23日(木)08時40分17秒
  ● 講演会 投稿者:がっかり2号さま

情報をありがとうございます。

 

講演会

 投稿者:がっかり2号  投稿日:2012年 2月23日(木)08時34分59秒
  脱原発市民公開講座
2月27日午後7時から(開場午後6時半)入場料1000円。先着500人
ヨコスカ・ベイサイドポケット(京急汐入駅下車徒歩1分)

山本太郎さん(俳優)講演
横須賀市議の一柳洋さん、藤野英明さん、山城保男さんによるシンポジウム
司会はフリーライターの鈴木博喜さん。

問い合わせは
一柳さん046(866)4561
藤野さん090(3220)9998
山城さん046(828)6686
鈴木さん080(6554)6277
 

日本を滅亡させてはなりません・・・空言ではなく、現実となる可能性があるのですから

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月23日(木)07時05分0秒
  ● 補助金をもらっているから? 投稿者:おせっかいさま

目先の利益のみを追って、横浜港の将来を見据えない「放射能瓦礫チップ埋め立て要求」
で、私は是認できないし、断固反対してまいります。

横浜港運協会の総意が会長発言となったのか・・何らかのアドバルーンか
いまだに判明致しませんが、
商売の為に市民の犠牲かえりみない行為によって、市民や国際港都横浜が受ける損害は
計り知れないものがあるのではないか・・・

その危惧が完全に払拭できない限り、放射能瓦礫を搬入してはなりません。
このことを・・横浜市長に強く申し上げます。

● 小出先生の発言 投稿者:大学教員さま

原子炉・原発は原爆を所有していることと同じであると考えなければならなくなっております。

原発事故は、持っている核爆弾を自ら爆発させてしまったことと同じです。
原発があって、電力が豊富となってこの国の発展があったのでしょうが、
この狭い国土にあって、更なる原発事故があったら、それで、繁栄もくそもなく
日本国家自体が滅亡することになります。

羽田から飛行機で北海道に向かって本州上空に至れば、日本海と太平洋を見ることが出来るほどに、
日本は狭いのです。

日本の36倍もあるロシア大陸でのチェルノブイル事故とは全く違う狭隘な国土に、
万が一の時は、日本をを完全に滅亡させる事になる原発が十二分に存在することを
どうしたらよいのでしょうか
すでにその、万が一が起きて、明日も再び起きるかもしれないということになっております。

原発の一日も早い廃止と、代替エネルギーの開発に国家の総力を挙げるべきです。
そう申し上げる以外に、なすすべもない一介の市会議員であることが ・・恨めしいです

 

小出先生の発言

 投稿者:大学教員  投稿日:2012年 2月22日(水)09時50分38秒
  京都大学小出先生の発言です。

【動画】2月8日大阪維新の会・小出裕章氏講師「広域処理についての勉強会」
http://www.ustream.tv/recorded/20303614(80:30)

「溶けてしまった炉心は手をつける事もつまみだす事もできない。そうなれば、今の原子炉を全体を石棺という構造物で必ず覆う事になると思っている。だから巨大なコンクリートが必要になる。それが雨とか風雨で汚染を外に広げる事もゼロではない。必ずあると思う。
でも、焼却灰をあっちこっちに勝手に埋めてしまうというよりは、コンクリートという形にして、その猛烈な汚染地帯で、猛烈な放射能が飛び出してくるのを防ぐためという用途であれば…(しばし絶句)まだ合理的かな、と。」

そして、「石棺は未来永劫作り続けなければならないのですか」の質問に対し、

「私は多分福島第一原子力発電所にこれから何年かかるか分からないが石棺を作るしかありませんので、それを私は生きているうちに見ると思いますけれど、でもその石棺がボロボロになってその外側に第二石棺を作るときには、私はもう生きてないです。今日おいでの方も、もうほとんどの方も皆死んでしまう、と思います。子供達の世代が次の第二石棺が福島の原子力発電所にできるのを見るんです。でもそれも、その子供たちもきっとその次の石棺を見る事はなく死んで行くんだと思います。またさらに何十年か、あるいは百年かたった時に、またさらに大きな石棺を作らなければならない。そういう仕事が、もう逃げる事ができないで、あるんです。」

チェルノブイリでは、事故処理に100万人近くの人が動員され、猛烈な健康被害を受けました。フクシマでは、4機も壊れていますから、延べ数百万人の人が事故処理に必要でしょう。とても自衛隊だけでは足りません。徴兵制を導入して事故処理に充てようとうするでしょう。そうしたら、健康な遺伝子をもった国民はいなくなってしまいます。

もう一刻も早く、原発とは手を切らないと大変なことになります。この瞬間でも、他の原発では働く人々が被曝して、その遺伝子が傷ついています。遺伝子損壊と次世代への劣性遺伝子伝達という究極の毒性を持つ原子力を、事故後にかかわらず、まだ動かしているのはまったく気が触れている事態です。
 

補助金をもらっているから?

 投稿者:おせっかい  投稿日:2012年 2月22日(水)09時42分7秒
  横浜港運協会は放射線検査の補助金をもらっているから
政府にNOと言えないのですか?

http://www.logi-today.com/?p=18994

放射能検査は輸出コンテナが安全であることを証明して
他国に受け入れてもらえるようにするために
しているのですよね。

それなのに、放射性廃棄物をチップに粉砕して
そこに埋めちゃうんですか?

雨が降って海に流れない? 地下水にまじらない?
焼かないから安全ですか?

そんな目と鼻の先で、ダンスダンスダンスって
誰が来て踊るんですか?
 

中学生に教えられ!・・

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月22日(水)08時27分19秒
  ● がれきの受け入れ 投稿者:近代史 さま

真に同感です。
その中学生は・・・・間違っておりません。
 

真に人生は「棺を覆って定まる」のたとえです。慎重にご発言いただきたかったです。

 投稿者:太田正孝  投稿日:2012年 2月22日(水)08時24分36秒
  ● 放射能の人為的拡散について 投稿者:大学教員 さま

ご投稿ありがとうございます。
放射能がれきの横浜持込にはあくまでも反対してまいります。

先に、港運協会の会長が「瓦礫受け入れ」を表明した時点で、この顛末を予想して
このブログにもこのことを書きましが、図星でした

義のためといいながら、商売利益の為に横浜市民を犠牲にしてはなりません。

棺おけに片足を突っ込んでいる人はなおさらに、
幼子の将来を慮っていただかなければならないのです。

横浜港運協会は横浜港の発展に寄与している立派な「かたぎの団体」です。
やくざな団体ではありません。

協会が、真実そのように考えているのか、関係者に、実際に伺ってみようと思います。

放射能瓦礫をどこでチップに粉砕するのかわかりませんが、
そのチップを埋立地の埋め立てに使う事には反対だし、現実的とは思えません。
会長ほどの方です・・この会長の談話は・・・別の思惑があってのことかもしれません。

放射能がれきチップの埋め立て使用は、
横浜港湾に計り知れないマイナスイメージを与えるでしょう

瓦礫の運搬によって利益を得るのは少数の瓦礫運搬処理業者・会社です。
それによって多くの損害を受けるのは、港湾関係者であり、横浜市民であり、
日本の輸出入にも大被害を与える恐れがあります。

そうでなくとも、毎日毎日無数の輸出のためのコンテナを、放射能検知器で測って、
問題なしの証明を与えなければ、外国に出せない状況になっていることを考えなければなり
ません。

港に従事するすべての労働者に、将来への不安を与え、万が一の健康被害を与えることは
真に罪な事であり、港のリーダーが、商売優先で考える事ではないと思います。





 

がれきの受け入れ

 投稿者:近代史  投稿日:2012年 2月22日(水)08時03分50秒
  中学生が言った。
「おじいさんは、良いよね~放射能の影響を受けないんだから…
 問題になった頃には、死んでるんでしょ。
 今の中学生の中から、この問題を解決する人がでるんだよね。」

「人に死ねなんて言うんじゃありません!」いつもなら大声で怒鳴り散らす友人と
お互いに顔を見合わせ「確かに…」と呟いてしまいました。
 

/25