新着順:60/2430 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

除染予算5兆円越え?

 投稿者:鶴の一声  投稿日:2013年 7月24日(水)23時18分20秒
  通報
  ニュースを聞いていたら
除染に対する政府の試算が5兆円を越えたと言っていました。
コメンテーターとして出演していたのは神戸大学の山内教授

山内教授によれば
いたるところで行われた除染ではあるが、結局結果が伴わなかった
例えば
確かに学校のグラウンドなどの土の入れ替えなどは行った
そして その界隈の田畑などの土も入れ替えたりした
ところが現在 数値が思ったほど下がってはいない
考えられることは、
山などの樹木にこびりついた汚染物質から放たれる放射線が
影響を及ぼしているのだろう
だとすれば
人が関わっている場所ばかり除染しても不足で
かなり かなり広範囲にわたり除染をしないと
除染の効果は現れないし 実際に現れていない

しかも、除染と一言で言っても
汚染物質を移動しているだけにすぎない
「除染」ではなく「移染」とも言われるように
或る地域を除染して出たものを 同じ地域の別の場所に移動するだけ
この「移染」が今日本が行っている「除染」と呼ばれる作業

「移染」をしていても効果は得らないと学習したはずなのに
なぜ 更に5兆円もかけて「移染」を推進しようとするのか?

政府は当初、「除染させてください」と住民に訴え
まるで 除染さえすれば元通りになるかのような対応をした
現に住民は、「除染」することでもとの豊かな土地になると錯覚し
誰もかれもが除染へと走った

安全神話が崩れたと思ったら、今度は除染神話か?と思えるほど
除染さえすれば大丈夫と 住民は思い込まされているのではないか?

なぜ除染ありきなのか? がわからない

例えば、
非難している住民、或いは 非難した方がいい住民
その方々の、生活保障と 生活基盤の創出
それらに係る費用を考えたとき 恐らく5兆円ではお釣りがくる
というほど巨額な予算である
お金の使い方を考え直してもいいのではないか?
効果を得られない除染にこだわるよりも
とりあえず 今は土地を諦めてください、その代わり
新しい生活を大いにバックアップさせてくださいと
・・そんな使い方を5兆円に与えてもいいのではないか?


そのほかにも
チェルノブイリと比較して、いかに日本は無いもしていないか?とか
現在もなお 危険をまき散らしている福島原発の現状とか

そうそう
現地から日本を見たときに強く感じることとして
マスコミから福島の現状を伝えるニュースが消え
福島の本当の声が届きにくくなっている と言っていました。
世の中が騒がないから 余計にいい辛くなっているとも

「あなたたちはそこにいなさい そこにいていいよ」
と言うのが本当の支援なのか
「あなたたちはそこから出なさい 新しい生活を始めなさい」
と引っ張り出してあげるのが本当の支援なのか

後者の方であってほしいと願いはしますが
それでも 本当はどうあればいいのか 私にはわかりかねています
 
》記事一覧表示

新着順:60/2430 《前のページ | 次のページ》
/2430