新着順:79/2430 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

どんなに微量でも、子供たちを被爆させてはなりません

 投稿者:太田正孝  投稿日:2013年 6月14日(金)08時08分42秒
  通報
  ● 祈ります 投稿者:普通の市民さま
● 犠牲者を必要としている? 投稿者:近代史さま
● 横浜市、正気ですか!?  投稿者:パイナップルさま

林市長の最大の欠点の一つに、こうした子供たちの健康維持に関心だということです。

被爆牛や被爆しいたけなどを食べさせて「大丈夫」と言って批判されて以降、全く放射能
被害に対して感心を持っておりません。

その結果「 給食の食材の農薬には迅速な対応が行われているのに…
       放射能には寛容とも思える対応ばかり」となっています。

すべては林市長の無策です。
アフリカ諸国の方々に対して「おもてなし」も良いけれど、横浜市の子供たちの健康を
守れないで、何が横浜市長でしょうか!

だから、学校までが、パイナップル様おっしゃるような「横浜市、正気ですか!?」という
ような事をやるのです。

放射能汚染場所には、なるべく子供たちを近づけない方が良いです。
わわざわざ行事を行ってはいけません。

病院に、生まれたばかりの子供を連れて、お見舞いに行くのを避けるように
被爆箇所には、極力子供を連れて行かないことが大事です。
危険な場所に、生徒を引率する先生は、罪作りだといえます。

普通の市民様のおっしゃるように、
先生を含めた「保護者全てが優しい大人である事」を祈ります。

どんなに微量でも・・・子供を被爆させてはならないのです。
林市長は、市長としての職責を果たすべきです。




 
》記事一覧表示

新着順:79/2430 《前のページ | 次のページ》
/2430